人気ブログランキング |

ゴールデンウィーク?!におすすめ本

お久しぶりです。
放置がちなブログに訪ねてきてくださってありがとうございます。
2月から週5でやっていたバイトが終了しましたので、またぼちぼちこちらの方も更新していきたいと思います。

さて、もう4月最終日ですよ。本来ならばゴールデンウィークですよ。
今年は2月から続くコロナ禍により、天気だけよくてどこにも出かけられない、つまり家庭内の家事担当者にとっては、家の中で三度三度ご飯のことを気にしなきゃいけない休みの日が長々続くだけのだるい日々ですよ。
早く終わらないかな。連休とコロナ。

聞いた話ですが、先月から本とトランポリンがよく売れているそうです。あと、『あつまれどうぶつの森』ね。
ゲームのことには疎いしトランポリンも飛ばないので、本の話をしますね。

インスタグラムでも紹介したのでそちらを見てくださっている方には再掲載になりますが、最近の新刊から、ゴールデンウィークにおすすめ本をご紹介します。

ゴールデンウィーク?!におすすめ本_a0213793_17030198.jpg
伊坂幸太郎『逆ソクラテス』
これ、本当に面白かったです。
伊坂さんの本は基本的にどれも面白いんですが、今回は、子供が主人公ということも手伝ってか、ストレートに伊坂さんのメッセージが届く作品でした。

伊坂幸太郎ファンの方には言わずもがなだとは思いますが、伊坂さんの小説ではよく、世間であまりにも当たり前に正しいと信じられているものに対して「それ本当?」「どうして?」という真っ向からの問いかけや、その「当たり前」や「正しさ」は、本当は全然違うかもしれないよ。あるいは今だけのものかもしれないよ、という示唆が登場します。

映画にもなった『ゴールデンスランバー』では、主人公の青年がある日突然、マスコミの報道といかにも確からしい<証拠>付きで、首相暗殺事件の犯人に仕立て上げられていく様子を、『夜の国のクーパー』では、物語の後半で善悪がぐるりと反転する仕掛けを見せ、『マリアビートル』では「どうして人を殺しちゃいけないの?」という疑問を子供に投げかけさせています。

伊坂さんは、多くの物語を通じて、「先入観にとらわれていないで、力のあるやつの言いなりになってないで、ちゃんと目を開いて、自分の目で見ろ、自分の頭で考えろ」というメッセージを届けているのだなと私は感じています。

『逆ソクラテス』は、表題作を含む5つの短編からなる物語ですが、それぞれに本当に大事なことが、説教臭くなく、でもストレートに届くように書かれていて、読みながらとても興奮したし、伊坂さんは信頼できる作家さんだなと思ったし、子どもたちにも読んでほしいなと思いました(ぜひ小中学校の図書室に置いてほしい!)。
もちろん大人にも。
自分の子供時代を、美化することなくちゃんと憶えている人なら、子供時代に大人の理不尽に悔しい思いをしたことのある人、いじめやからかいの標的になったことのある人、それを見ていて嫌だなあと思いながら何もできなかった人、あるいはいじめに加担して、でもそのことをちゃんと憶えていて後悔している人なら、この物語はものすごくすっきりするし、刺さると思います。

ぜひ読んでほしい一冊です。




# by vitablommor | 2020-04-30 18:14 | 本・CD・DVD | Comments(3)

近況と自作消毒液

ブログを長らく放置しておりました。
アルバイトが忙しくなると、PCを開くこともない日も多くなり、ついつい。
放置中に何年か前の記事にコメントいただいたりもしていて、これも気づくのに半月経ってしまい、せっかくコメントくださった方には申し訳なかったです。
『クララ症候群』の記事にコメントくださった方、もしこのブログに再訪いただけましたなら、お返事書いていますのでよかったら読んでくださいね。


さて、本当だったら私は今頃九州の実家にいるはずなのですが、出発の1時間半前に母から電話で訪問をきつく断られたことにより、今も自宅におります。
理由はお察しの通り?新型コロナです。

万が一にも私が移動中にウィルスをもらって持ち込んだりしたら、私たちだけの問題ではなくなるからと。

そもそも母が骨折して、一人で自宅で生活するのは困難だろうということで、私が手伝いに行く予定だったのですが、もしその私が田舎にウィルスを持ち込んだなんてことになったら、近所中に噂が広がって別の意味で生活が困難になってしまうという。

それは前々からわかっていたことだし、そのためにできる限り手洗いやマスク着用などにも気をつけて、当日の移動時の対策も考えていたのですが、あまりにも意志硬く主張されたので、予定を取りやめました。このために友達との予定もキャンセルして、バイト先にも1週間の休みをもらったのに~。

しかし当日キャンセルにも関わらず、航空券もレンタカーも、キャンセル料0だったのには驚きました。
政府から何の補償もないのに、「こんな時ですから」と企業努力だけで損を引き受けてくれるなんて。
ありがとうJAL、ありがとうトヨタレンタカー。
事態が収束した際には必ず、また利用させていただきます。


さて、こんな近況で、政府の対応に文句ばっかり言ってたんですけどね。
そして今回の政府の対応(オリンピックがそんなに大事かー!(# ゚Д゚))については、絶対忘れないぞ、次の選挙まで生き延びて絶対投票するぞ(今までも投票してたけど)って思ってますけど、ひとまず今は、身の回りの安全を確保するべく次亜塩素酸ナトリウム液を作ってみました。

自治体などのHPにも載っているのでご存じの方も多いとは思いますが。
近況と自作消毒液_a0213793_10303472.jpg
材料は水(ミネラルウォーターの意味はないです。水道水で)とハイターとかブリーチとかの塩素系漂白剤の2つだけ。
薄めりゃいいんですって。簡単ですね。

近況と自作消毒液_a0213793_11013182.jpg

福岡市のHPよりお借りしました。
500mlの水に対して漂白剤5mlを入れて混ぜるとドアノブなどの消毒に使える次亜塩素酸ナトリウム液になるそうです。ペットボトルのキャップ1杯が5mlなんだそうで、計量スプーンを持ってない人も簡単に計れますね。

作るときの注意点ですが、ビニール手袋を必ず着用することをお勧めします。ハイター、まず間違いなくこぼすと思うんですよね。これが手につくと皮膚が溶けるの。
気を付けてくださいね。

それと、この液は作って時間がたつと、だんだん分解されてしまって消毒の効果がなくなるので、その都度使いきることが推奨されています。
すぐ作れるものなので、がしがし使って少なくとも1日ごとに作り替えるようにしましょう。

人体には使わないこと。手荒れしますし。あと、漂白剤なので布製品などへの使用も気を付けて。
スプレーボトルに入れておくと便利ですが、ドアノブなどに直接スプレーすると、そこについていたウィルスが飛び散るので、布にスプレーしてその布でふき取るという方法がおすすめです。

近況と自作消毒液_a0213793_10302525.jpg

緊急事態宣言もそろそろ出るでしょうけど、日本は外国みたいに政府が休業補償で給料の8割出してくれるってことは多分ないでしょう。(いいよね~、国のトップが国民の命と生活をちゃんと守ろうとしてくれる国)
そんな状況ではお休みできない、っていう個人経営のお店もあると思いますし、スーパーや保育園、介護施設、公共交通機関、医療機関など、テレワークできない人も多いことかと思います。

いつまで続くのかわからない不安な日々は、ストレスが溜まりますが、なるべく笑って(ナチュラルキラー細胞活性化させて免疫力高めて)、手洗いして、首から上を触らないように意識して過ごして、除菌できるところは除菌して、人と会うときは距離に気を付けて。
自分にできることをしながら、なんとか生き延びてやりましょう。


# by vitablommor | 2020-04-06 11:33 | おでかけ | Comments(4)

野の花のブーケ

前回に引き続き、細かくちまちました作業を経て、小さな布花の花束を完成させました。
野の花のブーケ_a0213793_10004134.jpg
イメージは、そのへんの土手に咲いている草花をこどもが摘んできたみたいな、小さい花束。
白い花の直径は3cmくらいです。
まだピンをつけていないんですが、ブローチにしてデニムのシャツとかにつけたら可愛いんじゃないかな~?と思っています。
茎の部分を折り曲げて、ミルクピッチャーに挿したら小さなインテリアになります。
野の花のブーケ_a0213793_10004702.jpg

もういっちょアップで
野の花のブーケ_a0213793_10003415.jpg

なかなか可愛くできた♪と自負しております。

たまに「これは何の花ですか?」とか「この花は〇〇ですか?」と聞かれることがありますが、お花は、ほとんどがイメージで作っています。
最近はインスタなどでいろんな布花作家さんが、本物と見紛うばかりのリアルな布花を作られているのをよく目にしますね。あれ、スゴイですよね~✨その観察眼と細かく丁寧な作業!!なるほどスゴイな~と思って、私も少しは見習うべく本物のお花を観察したりもしたのですが、よくよく観察すればするほど、神様のデザインってなんて緻密で繊細で美しいんだろう!って圧倒されます。あれを再現しようとしたら、膨大な手間と時間がかかりまくり、販売を考えたときにはやはりお値段も相当のものになってしまうし、ブローチとして使うには繊細過ぎたり、逆に大きなものは重すぎたりしそうです。(もちろんそこを解決していらっしゃる方もおられるだろうとは思いますが)
ですので、リアルな布花は、他の素晴らしい布花作家さんたちにお任せすることにしました。
私が作るのは、シロツメクサ風、であったり、アザミ風、であったりの、<夢の花>です。


ちなみに一緒に写っているのは月の満ち欠けを表す卓上カレンダー。めっちゃお気に入りです。





# by vitablommor | 2020-02-18 10:22 | 布花 | Comments(0)

中年になるって悪くない

結構前に読んだ本で、すごく面白かったのですが、まだ紹介していなかった。
ジェーン・スーさんの新刊『これでもいいのだ』

これでもいいのだ (単行本)

ジェーン・スー/中央公論新社


すべての中年女子必読!と触れ回りたいくらいよかったです。

帯文が『思ってた未来とは違うけど これはこれで、いい感じ。』

長年の女友達と「しゃべると食べるの無限ループ」を繰り広げる『プレミアム豚の夜』、既婚・子なしのAさんの親の介護に、二人の子供を育てた別の友人Bさんの子育て経験からのアドバイスが活きる様子に、ライフスタイルが違って一旦は分断されても、私たちは互いにそれぞれのステージで培ってきた知識や経験を共有できるようになるのだ、と胸を熱くする『女に生まれてよかった』など、中年女子って、いい‼と思える文章がたくさん。

そして、45歳になって、堂々「私の私による私のためのオバさん宣言」をしたスーさんの物事の見方はとても公平で優しいのです。
とかく「お飾り的存在」で「楽な仕事」と言われがちな女子アナにも、子供を連れているというだけで、いちいち周りに気を使って「ごめんなさい」を連発する癖がついてしまったお母さんにも、偏見のない目を向けている。
スマップ解散の報に接した時の記事『エンタテーインメントは命の糧』の「世の中には、誰かを一生懸命応援することで、なんとか明日へ命をつなげる人がいる」として、ファンの人たちの心情を思いやっている。

雑誌や新聞に連載していたものをまとめた本ということで、あっという間に読める短いエッセイが66篇、どこから読んでも短い時間でも楽しめる、おすすめエッセイです。


ちなみにジェーン・スーさん、昨年末に能町みね子さんとのトークイベントでお会いしましたが、毎日ラジオ番組をされている方だけあって、しゃべり方とか話のまとめ方とか、すごく上手でした。
中年になるって悪くない_a0213793_10564983.jpg
能町さんの新刊発売イベントでした。この本「結婚の奴」も面白かった!




# by vitablommor | 2020-02-13 11:00 | 本・CD・DVD | Comments(0)

布花再び

小さい花弁が多い花は、作るのに時間がかかります。
布花再び_a0213793_09485321.jpg
でもこういう華奢な作りのものが好きなので、作業の細かさに「いーっ!」となりながらも作りたくなってしまうのです。

細かい細かい作業をしていると、細く小さな花びらとともにそれらを丸める自分の太くて不格好な指が常に目に入ってきて、中学時代の記憶がよみがえります。
そのころから手芸などの細かい作業が割と好きだったのですが、そのころから体が大きかったので、ある日担任の若い女の先生に「〇〇さん(私)が大きな背中を丸めてせっせと細かい作業をしているのを想像したら、なんだか微笑ましくてちょっと笑っちゃう」と(おそらくは悪気なく)言われて、一瞬ギョッとして、悪気がないのはわかるだけにここで怒るのも違うような、まあ言いたいことはわかるっていうか、実際そうなんだろうな~、私のそういう姿はどこかしら滑稽味があるのだろうなと客観的に納得する部分もあるし、そう考えるとひどく恥ずかしいような、とはいえそうやって馬鹿にされる筋合いはないんですけどね?と思うと腹が立ったり、でも多分あなた自覚ないんですよね?私が怒ったら謝ってくれるんだろうけど謝られてもこちらもバツが悪いんだよな~、などなど、複雑で言いようのない感情が色々同時に沸き上がってきて、うまく対処できなくて、一瞬の沈黙ののち、「はあ、そうですか~」とだけ返したような、そんな記憶。

あれから30年以上経つというのに未だに憶えているので、その時の私は結構深く傷ついたんだろうと思います。
「そういうことを言われて傷ついた」とその時点で自覚できて、相手にも伝えられていればよかったんでしょうけどね。13歳の私は、自分の感情が「傷ついて悲しかった」だということを、瞬時に理解することができなかった。
こういう、自分自身の感情を把握する訓練って、教育はされないんですよね~。考えたら大人でも訓練ができてない人も多いような気がする。自分の怒りや涙など、瞬間的に湧いてくるものの底にある感情が何なのか、言語化して認識して、相手にも伝える訓練、小学生か中学生の時点で、ちょっとでもやっておくといいだろうにな~って思います。

布花から全然関係ない話になりました。

でもまあ確かに、繊細で綺麗なものの作り手は、華奢で美しくて暮らし方も丁寧な人であってほしいような気持ちはわかる。
自分自身、そうだったらよかったのにと残念に思う気持ちもあるのよね。



# by vitablommor | 2020-02-10 10:51 | 布花 | Comments(9)