2018年 05月 08日 ( 1 )

ひとりでは行けない店

誰かと一緒なら大丈夫なんだけど、ひとりでは入れないお店、ってどんなところがありますか?

女性の方ならラーメン屋さんや牛丼屋さんなどは入りづらいと思われる方が多いかもしれませんね。
あとは最近一般的になりつつあるとは言え、一人カラオケや一人焼肉はまだまだ抵抗があるという方もいらっしゃるでしょうね。
私は上記のものたちはまあまあ大丈夫なんですが
なんと言っても「おしゃれ街」の「おしゃれ店」に、一人では入れません。
特にドレスコードがあるようなお店ではなくても、例えば青山、代官山、銀座あたりは、もう街ごと、そこにいるだけですごく場違いな気がしてしまうんです。びくびく。。。足早に通り過ぎる。


そうは言っても興味のあるところもある。

というわけで、興味のあったお店に行ってきました。友人と(結局一人では行けないままよ)。
a0213793_12032505.jpg
この絵と壁のタンバリン柄のタイル、なんだか渋い色に写ってますが、実物はもっとかわいいです。
『Call ミナペルホネン』があるのは、おしゃれ街、青山。
インスタでよく見るので、どんなところかしら?と興味津々で行ってみましたが、お店のスペースは意外にこじんまり。
少しのお洋服(レディース・メンズ・キッズ)と、少しの雑貨と、ミナの布を販売しています。
お洋服は私にはとてもお高く感じる値段なのですが、エプロンやトートバッグなどの雑貨は意外にリーズナブルでした。call限定商品なのかな?
店員さんの年齢層が20代~70代くらいまで幅広く、オシャレな白髪の店員さんがミナの制服ではつらつと働いていらっしゃるのが素敵でした。

カフェスペースはとっても混んでいて、1時間以上の待ち時間になるようだったので今回はスルー。
外のテラスには、デザイナーの皆川明さんがいらっしゃいました。
以前、NHKの番組で皆川さんの真摯なものづくりの姿勢を拝見して以来ちょっとだけファンなので、お見かけすることができて嬉しかったです。
私もいつかミナのお洋服を買ってみたいものだわ。


callの入っているスパイラルビルを出て、外をウロウロしていたら、RMKのお店を見つけたので入ってみました。
化粧品ブランドの路面店も、ひとりでは絶対入れないお店のひとつです。友よ、ありがとう。
口紅が欲しかっただけなのですが、お化粧品についてちゃんと説明を受けるのが久しぶりすぎて(10年以上ぶりかも?)化粧品が色々進化してるのにびっくりして、他にもいくつか買ってしまいましたよ。うっかりうっかり。
a0213793_11383226.jpg
次回ご来店時に5000円以上お買いものしたら何かがもらえるチケットというものをいただきましたが、青山のRMKなんてきっと二度と行かない気がする。

でも恐れていたほど店員さんがグイグイ来ることもなく、意外に居心地悪くなかったです。

そういえばcallの店員さんも感じよかったです。

そういうものなのか。

おしゃれ店、恐るるに足らず?



[PR]
by vitablommor | 2018-05-08 13:14 | ひとりごと・日常 | Comments(0)