2018年 02月 15日 ( 1 )

リスペクト

オリンピックが始まっていますね。
見ていますか?
私はカーリングが好きで、予選から見ています。
日本チームの試合だと、やっぱり日本チームを応援はしますが、テレビで大騒ぎしているような「日本はメダル何個とるか」、とか、そういうことは、私は割とどうでもいいんじゃないかな、と思っています。
冬季五輪の種目は普段あんまり見ることがない競技が多くて、どれを見ても所詮は俄ファンなので、選手が喜んで満足していれば「よかったねえ」と思うし、メダルがとれても悔しがっていれば「残念だったんだねえ」と思います。要はその結果もメダルも日本のものっていうよりその選手のものだと思うんですよね。

4年に一度のオリンピックのために、どの選手も沢山の練習や研究を重ねて、思うような結果が出たり出なかったりするわけですが、満足のいく結果が得られなかった選手からは「次のオリンピックに向けてまた頑張ります」なんて言葉が聞かれます。
次のオリンピック!あと4年先!! 4年先を見据えてまた頑張るのかー、と、その道のりの遠さに聞いている私の方ががっくりしそう。すごいなあ、、、って思います。
また、昨日はある選手のインタビューで「この4年間、できることはすべてやってきた」という言葉を聞きました。これまたすごい言葉だなあって思います。
「できることはすべてやった」
って言いきれるようなこと、私の人生で一度たりともあっただろうか???


・・・・・・・・ないね。


準備期間が長ければ長いほど前半はダレてるね。



やっぱりオリンピックで結果を出せるような人はすごいんだな、と、メダルの色がどうこうじゃなくて、そういうところの凄さに感動します。


「できることはすべてやった」って、この言葉が言えたらもうそれでオールOKだと思えるなあ。



[PR]
by vitablommor | 2018-02-15 10:14 | ひとりごと・日常 | Comments(0)