<< 広島に原爆が落ちた日 賃金労働 >>

プライバシーについての時代感覚って?

前記事でさんざん家事が面倒だ面倒だって書いていたら、夫が唐突に「風呂洗い、今日は俺がやろうか?」と言って、夜にお風呂掃除をしてくれました。
彼は普段も休日は風呂洗い担当をしてくれているのですが、平日にやってくれるなんて結婚以来初です。

偶然でしょうか?

もしかして夫はこのブログを読んでいるのでしょうか?

まさか私の身元を知っている誰かが夫に「奥さん、こんなこと書いてましたね」って言ったのでしょうか?


三番目が一番ちょっと、これ、ツライっす。


でも最近はあれですってね、SNSの大流行に伴ってプライバシーが思わぬところまでダダ漏れしがちみたいで、職場の同僚さんが自分の娘(会ったこともない)の近況にやけに詳しいから「なぜ?」と思ったらその人、娘のSNSフォローしてた!なんてこともあるんですってね。(←友人から聞いた話)

SNSを公開でやってる以上、だれがフォローしてもいいんでしょうけど。
いや~、でもそれはちょっと、やめてあげてほしいな、って個人的には思いました。
そのあたりの感覚って、人によって結構大きく違うんでしょうかね?
上記の同僚さんは多分まったく悪気なくフォローしていて、だからこそ話題にもできたわけだし。


あなたは友人(同僚)の娘や息子のSNS、フォローしますか??

「いや~、しないしない」って、その時話を聞いていた私の友人一同は、みんなして首を横に振りましたけど。この感覚が必ずしも一般的ではないの???

私は、友人の娘息子の私生活までさほど興味ない、ってのもあるし、それ以上になんだかプライバシーの覗き見感覚があって申し訳ない気がして、もし偶然彼ら彼女らのSNSを発見したとしても、マナー上、フォローは控えるべきかなって思うんですが(その娘さん息子さんと以前から仲良しで、みたいな場合は別ですが)。そういう感覚って、今みたいにSNSでプライバシーを積極的に公開していく時代には古いんですかね~?若者たち的には、よく知らない母の友人からフォローされていても案外気にならないのかな?


私はなるべく身元バレしたくなくて、活動名も日本人なのにblanca*だし(和名にするんだった!と度々思っているけど)、家族のことをブログに書くときも子どもの学校や夫の職場等がわからないように気を遣って書いています。
だって「職場の〇〇さんの奥さん」あるいは「子どもの同級生のお母さん」が書いたブログって思って読むのと、「誰だか知らないけどblanca*って名前で帽子作ってる人」が書いたブログって思って読むのとでは、興味の方向性がちょっと違ってきますよね。

例えば前の記事だと、知らない人が読む分には「家事のメンドクササとそれを理解されないことへの怒りや愚痴」だと思ってもらえると思うし、私の知人友人が読む分場合には「ブランカさん吠えてるわ~(笑)」って感じではあっても、私の意見として文章を読んでもらえると思うんですが、夫の同僚が私との関係性を知ってて読んだ場合「○○さん、奥さんにめっちゃ怒られてるわ(笑)」ってなりますよね。どうしても。
それはちょっと意図と違うっていうか、そうなるのはちょっとな~。。。夫も気の毒だしな…ーmー 

・・・・・だったら書かなきゃいいだろって話になるんでしょうか?
う~ん。。。そうなの?
今、もうそういう感覚が普通なの???
だとしたら、ちょっと窮屈です。私はね。


ま、多分夫がお風呂洗ってくれたのはブログとは関係なく、私が仕事に行く前にバタバタとお風呂掃除やトイレ掃除をしているのを見て、なんだか大変そうだなって思ってくれただけの偶然だと思うのですが。
すごいタイミングだったのでびっくりして、友人の話を思いだしたのもあって、もしやの妄想を膨らませてみました。



本日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

[PR]
by vitablommor | 2018-08-02 18:18 | ひとりごと・日常 | Comments(2)
Commented by ゴン at 2018-08-03 19:25 x
偶然じゃない?それとも、引き寄せの法則??
もっと引き寄せちゃうってのはどお(笑)?

友人の家族のフォロアーになるのは確かにプライバシーの侵害っぽい感じもあるけど、一方で情報発信するにはそれなりの覚悟も必要だと思うのよね。フォロアーが増えれば嬉しいのかもしれないし。
個人的には、実名のfacebookってあまり好きじゃないかも。だったら直接メールとかでコミュニケーションしろよ!って思ってしまう(いいよで迎合するのって意味あるのか?)。ブログだったら「帽子作ってるBlancaさん」でいいし、その方が純粋にその人の意見とか書評とか楽しめるから、その方が素敵な気がするな。。。
Commented by vitablommor at 2018-08-04 16:27
> ゴンさん
うん、たぶん偶然(笑)
でもブログ書いた日か次の日の夜だったから本当にびっくりしちゃった。

ゴンザさんの言うとおり、発信する側には全世界発信だという自覚と覚悟は必要だよね。10代の子たちはそこまで考えてなさそうで、だから時々心配になるよ。
Facebookは私もやったことないけど、やってる人は大体「やろうよ~」って勧めてくるので、多分何らかのいいことがあるのでしょう。やってみると何がいいのかわかるのかもしれない。やらないけど。
私にはブログが合ってるな、って思うので。よかったらまた時々見に来てね^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 広島に原爆が落ちた日 賃金労働 >>