<< テレビの話とか飴の話とか、要す... クレイジーベレー あるいは刺繍... >>

花の季節

たとえば桜やひまわりが特別あからさまなだけで 季節を告げない花なんてない
って竹原ピストルが歌ってましたが、やっぱり春~初夏にかけてのこの時期が一番『花の季節』だって気がします。

それにしても竹原ピストル。いかつい名前といかつい見た目で、超ピュアな歌歌っちゃって、しかもテレビで喋ってるのを見ていたら何だかすごくにこにこしてて、物腰やわらかくて腰が低いって、もう大概の人が好きになっちゃう感じのアレですよねーーー。人間力!!!
困った時に誰かが必ず助けてくれそう。そういうのが結局一番大事なんじゃないかなって思う今日この頃。。。


それはともかく。

先週の話ですが、クレマチスの丘に行ってきました。
a0213793_08064155.jpg
a0213793_08065313.jpg
a0213793_08065607.jpg
a0213793_08064788.jpg
a0213793_08065847.jpg
写真撮りまくってスマホの充電が無くなる騒ぎ。
5月のクレマチスの丘は、湿気の少ない爽やかな風が吹き抜ける、天国みたいな気持ちの良い場所でした。

ここに、平日に一人で行くか、休日に夫を誘っていくか迷ったんですが。
結局ひとりで行きました。正解だったと思っています。
ひとりのいい所って、自分の好きなように見て回れて、時間も好きなように使える(いくらでもゆっくりしていていいし、逆にさっと帰ることもできる)というところですよね。
私はどちらかというと自分のペースでサクサク見て、気が済んだらさっと帰りたいタイプなので、逆タイプの人と一緒に行動するとお互いに不満がつのります。ということが最近分かってきたので夫婦でおでかけが結構面倒くさくなってきました。
中年夫婦が旅行に行くときに夫は妻と、妻は女友達と行きたいと言うって、実感としてわかってきたよ。

それにしてもクレマチスの花だけ全然撮らなかったわ。


本物のクレマチスよりも、この日は木彫りのクレマチスを見にいったのです。
a0213793_14303363.jpg
a0213793_14303042.jpg
建物のコンクリートの隙間から芽を出して花咲いた、ど根性クレマチスではありませんよ。木彫に彩色したものだそうです。
精密でリアルな植物たちの完成度の高さもさることながら、その一つ一つが階段から覗きこまないと見えない場所にあったり、壁の隙間の奥にこっそり隠してあったりと、展示方法がユニークなのも面白かったです。宝探し気分。
a0213793_14302891.jpg

もちろんこちらの蓮も木彫。

展示は10月までやっているそうです。
興味のある方はぜひ。お一人でも、そうでなくても、きっと楽しいですよ。




[PR]
by vitablommor | 2018-05-29 14:39 | ひとりごと・日常 | Comments(2)
Commented by naka0730 at 2018-06-06 17:38
こんにちは😊
私も行ってきました、クレマチスの丘。
同じく1人で😸
私は結構不意に出かけるのが多いので、1人行動多しです。
クレマチスの丘は1人でも楽しめて良いですよね〜。^_^
Commented by vitablommor at 2018-06-07 09:07
> naka0730さん
チャコさんも『チームひとり』の仲間ですね~。
友達と一緒の良さもあるけど、ひとりの気楽さも捨てがたいですからね。
クレマチス、たまに出かけると気持ちよさ過ぎて年パス買おうかと思ったりします。
レストランも素敵だな~と思いつつちょっとお高いので素通りです^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< テレビの話とか飴の話とか、要す... クレイジーベレー あるいは刺繍... >>