<< 勉強はできる時にしておいたほう... 褒めて伸ばせ、という心の叫びについて >>

相撲と女と穢れと不倫

***業務連絡***

4月7日に鍵付きコメントでオーダーご希望のご連絡をくださいました永*さま
リンク先(メールアドレス?)が開けませんので、こちらから連絡ができません。
お手数ですがコメントへの返信をご覧いただき、再度ご連絡をお願いします。

**********

さて、ここから記事です。

相撲業界がここのところずっと騒がしいですね。
先日は土俵上で意識を失って倒れた市長を救おうと、医療関係者の女性が土俵に駆け上がって心臓マッサージをしているところに「女性は土俵から降りてください」というアナウンスがあったことが物議をかもしました。
この件はその後、八角理事長が「人命がかかった場面では不適切だった」と謝罪コメントを出したので、もうあんまり引っ張らなくてもいいんじゃないかなと言う気がします。
『土俵は女人禁制』というのは、女性差別であるということはまあ言えるとは思うんですが、文化でもあるので。文化ってことはつまり『くじらを食べるかどうか』みたいな話でもあるので。差別だからとかそういう問題とは別にして語られるべきかと。知らんけど。

とはいえ、私も女性なので、『女はダメだ』みたいな話にはちょっと敏感です。
市長が倒れ、結果的に数人の女性が上がることになったこの土俵では、その後、土俵上に大量の塩を撒いて『お浄め』したと言う話を聞きました。ふーん、結局女性を『穢れ』だと思っているから、女人禁制なんだなあ・・・。この手の話はもう聞き飽きるほどいろんなところにあるから、うんざりしつつもこちらもある程度慣れっこではあるけど、それにしたって愉快ではありません。
相撲は神技であり、女は穢れだというのなら、その穢れ(女)と、神技としての相撲を取る関取のみなさんは交わってはいけないってことじゃないとおかしくないかい?現役力士は結婚したり彼女を作ったりしたらダメってことにしないといけないのでは??・・なんてことを意地悪く考えていて、はっ!Σ(゚口゚;と思い出したことがありました。

不倫騒動。。。。。
なんでベッキーや矢口真理や斉藤由貴はあれだけ叩かれて仕事も干されたのに、陣内智則や圓楽や渡辺謙はその後も仕事に影響なしなのか。
どういうことなんだよ?!と、思わずにいられなかったこの問題と、根っこはいっしょなんじゃないだろうか?
つまり、
『女は穢れだが、それと交わったところで男は穢れない。』
みたいな、男側の身勝手な考えが、社会通念としてまかり通っているのじゃないかと思いました。相撲界だろうが芸能界だろうが、日本社会全体として。

う~わ~、イラッとする~~~~~~。

誰だか知らないけど関係者全員の頭を旅館のスリッパで引っぱたいて回りたーーーーーい。

と思ったのですが引っぱたいて回れないのでブログの記事にしてみました。


ちなみに富士山静岡場所だっけ?次回の巡業ではちびっこ相撲にも女児は参加できないようになったそうです。
ていうか意外に今まではOKだったのね。
巡業部長が変わったから方針が変わったらしい。
巡業部長の方針ひとつで変わる『文化』は果たして文化なのか?
まあ私には関わりのないことですけどね。ちびっこ相撲も女相撲もやらないからね。

それにしたってこの国では、女性が低く扱われることが多すぎる。
その割に輝けだの活躍しろだの言うし、なおかつ産めとも言うし。サポート体制整えないのに言うし。
どれだけ女に甘え倒すつもりなんだかと、これは引っぱたいてやりたい関係者の顔が浮かびます。

本日はこんな記事でした。






[PR]
by vitablommor | 2018-04-13 12:31 | ひとりごと・日常 | Comments(2)
Commented by naka0730 at 2018-04-15 06:22
めっちゃ同感〜!
日本はまだまだある意味ダメダメ国だぁー!
Commented by vitablommor at 2018-04-16 08:25
> naka0730さん
チャコさん、共感ありがとう。
いろんな場面で、男女ともに男尊女卑意識が強いなあと思うことありますよね。
もやもやしながらスリッパ素振りしてます^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 勉強はできる時にしておいたほう... 褒めて伸ばせ、という心の叫びについて >>