コサージュや布雑貨の製作、販売をしています。 


by vitablommor
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

あんまり面白かったのでちょっと熱く語らせてください

4月ですね。
新年度が始まりました。
この春新入学を迎えられた皆様、おめでとうございます。新社会人の皆様、進級された皆様も、おめでとうございます。
とりたててめでたいことなく春を迎えられた皆様も、なにしろこのブログをご覧くださるほどには息災でいらっしゃることをお慶び申し上げます。平穏って素敵ですよね。


と、それはさておき。
山本ゆりさんのエッセイ本がめちゃくちゃ面白かったです。
a0213793_09205974.jpg
タイトルの引きが強いよね。
そういえば私もスタバで普通のコーヒー頼んだことない。ていうかティー系頼む割合高め。なんかすみません。

著者の山本ゆりさんは『syunkonカフェごはん』で有名な方。
ご存じない人のために説明しますと、こういうタイトルの料理本がめちゃくちゃ売れててシリーズで何冊も出ているんです。もともとはお料理ブログから人気に火が付いたっぽいですよ。
ま、私は持ってないんですけど。
だって『syunkon』・・・って何?旬な新婚さん?(いやそれも何?って思うけども)
しかも『カフェごはん』・・・スムージー、マカロンと並んでうちの男どもが「出た~~~!女の好きなヤツ!」とか言ってバカにしつつ敬遠するやつです。夫はキッシュのことを必ずわざと「キッチュ」って言います。それ松尾貴志!
というわけで、うちでは『syunkon』も『カフェごはん』も受け入れられる要素が無いわ、と思って、料理本の方は遠く眺めているだけでした。

そんな著者の本をなぜ読んだかっていうと、山本ゆりさんと『syunkonカフェごはん』の繋がりに全然気づいてなくて、たまたま図書館でみつけて借りたからです。

でもこれが抱腹絶倒の面白さだったんです。
読みながら何度も吹き出す本って、カマタミワさんのエッセイマンガ以来です。
エッセイの内容も多岐にわたっていて、例えば『食べ物を口に入れ続けるスイッチがあることについて』『ストッキングが破れやすい件』『化粧の面倒くささ』などは、タイトルで内容をご想像いただけるかと思うのですがもう共感の嵐。
気の置けない友人たちとの超くだらない会話のログや、『勘違いシリーズ』(鶏ごぼうをフランス語だと思っていた⇒フォンドヴォー≒トリゴヴォー 等)も、とてもスターバックスでコーヒー飲みながらは読めません。
でもそんな感じでありながら、本の後半では、文章のくだけた感じはそのままに『自分ばっかり損していると思うときに』『チクリと刺す言葉』『どうしようもない孤独・不安について』など真面目なエッセイも。
さらに各エッセイの内容にちなんだ簡単なレシピまで紹介されていてお得感満載の一冊でした。これだけいろいろ詰まって千円だし、買って損なしですよ。私は借りたけど。
レシピは本当にお手軽なモノばかりで、これなら『syunkonカフェごはん』も期待していいのかも?と思ったくらいです。今度図書館で借りてみます。(気に入ったら買います)

ちなみに『syunkon』は旬な新婚さんじゃなくて『春魂』が元らしいです。
『春魂』が何なのかまではよくわかりません。


以上、『スターバックスで普通のコーヒーを頼む人を尊敬する件』についてでした。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by vitablommor | 2018-04-09 10:06 | 本・CD・DVD | Comments(0)