<< 11月読書記録(2) 11月読書記録 >>

皮膚繊維腫

生まれて初めて、手術の同意書なるものを書きました。
a0213793_09530079.jpg
今年の春ごろから、左の肘あたりにぽこっとイボのようなものができ始め、気になって触ったりしていたせいもあってかどんどん大きくなってきて、見た目的にかなり気になるようになっていました。
とはいえ最近は夏でも肘下まである服を着ることも多く、また肘って自分ではあまり見ないところなので、若干気にはなりつつも放置。
年とると色々なできものとかイボとか増えるのかな~?くらいの認識で。

それが先月になって、気が付いたらなんだかまた大きくなってる?! しかも肘掛けに腕を置いた時ちょうど当たって痛い!という事態になり、いよいよ放っておけなくなって、仕方なく病院に行きました。

先生は一瞥するなり「ああ、繊維腫ね」と一言。
センイシュ?「腫」の部分気になるなあと思って聞いたら「皮膚にできる腫瘍です」と仰る。
「多分良性の物なので放っておいても問題はないけど、気になるなら切ります。薬で治すようなものじゃないので、切るか放置かどっちか」。
正直、飲み薬や塗り薬でなんとかなるのかと思っていたのでがっかりでしたが、「それなら切っちゃってください」と即断しました。
その時は、その場でサクサクっと切ってもらえるのかと思っていたら、一応ちゃんと手術なので、予約になるということで、切るまでに1か月かかりました。

1か月待つ間に、意外にも腫瘍はだんだん小さくなっていき、なんと手術当日には最初に受診したときの半分以下になっていたのですが、このまま放っておいてもゼロにはなりませんよと言うことだったので、予定通り切ってもらいました。
また大きくなってきてもう一回受診から始めることになったら面倒だし、友人に、同じように「良性のものだから放っておいてもいいよ」と言われたおできを切ったら組織検査の結果悪性の腫瘍だったことが判明して再手術になった人がいたことも理由のひとつ。「多分良性」とはいえ、多分は絶対じゃない、ってどうしても考えてしまうので、検査をしてほしかったんですよね。


手術自体は簡単なもので、麻酔~切除~縫合まで10分くらいで、痛みもほとんどなく、あっという間に終了しました。
親知らず(斜めに生えていた)をペンチで砕きながら抜いてもらった時の方がよっぽど大手術でしたが、その時は同意書なんて書かなかったな~。
あと数日で抜糸予定。切除した部分は組織検査に出してもらっていて、そのうち結果がでます。

でね、気になったので色々調べたりしたのですが、皮膚繊維腫って虫刺されなどがきっかけとなってできたりするんだそうです。しかもその中身?ってコラーゲンの塊なんですって。
顔も手もガッサガサだっていうのに、そんなところにコラーゲン無駄遣いしないでほしいよ。って思ったって言う、それを言いたいがための今日の記事でした。



[PR]
by vitablommor | 2017-11-21 09:59 | ひとりごと・日常 | Comments(2)
Commented at 2017-11-25 16:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by vitablommor at 2017-11-27 08:06
> 鍵コメyさん
こんにちは。ブログとHN、新しくされたんですね~。
ご心配くださりありがとうございます。おかげさまで無事に抜糸も終わり、順調に回復に向かっております。

先日の沼津旅、楽しく過ごされたようでよかったです。AMAYADORIさんには何度も伺っていますが、お隣の「ちゃ茶cha」さんには一度も入ったことがなかったので、yさんのブログでお店の中を初めて見ました。素敵なお店~。私も今度行ってみます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 11月読書記録(2) 11月読書記録 >>