<< 春の野の花の 読書ノート2016 >>

お裁縫の神様に

2月8日の月曜日は、針供養の日でした。
3年くらい前から毎年、三島大社での針感謝祭にて、曲がったり折れたりした針の針供養をしていただいています。

針供養の日、昨年は冷たい雨、そして一昨年は記録的な大雪と、2年連続で荒天でしたが、今年はありがたいことにお天気に恵まれ、本殿での神事の後、屋外の淡島神社の碑の前での神事にも参加することができました(昨年、一昨年はさすがに外での神事は出来ず、本殿での神事のみで「あとはやっときます」的な感じで終わりでした。あの天候で強行されても正直泣きそうになると思うので、それはそれでありがたかった)。
a0213793_08463831.jpg
三島大社の正面鳥居の近くに、淡島の神様の石碑があります。
淡島神社の御祭神である少名比古名神様が、世に裁縫を広められた祖神様であることから、針供養といえば淡島の神様に納めるならわしとなったそうです。

一年間、お針仕事をさせていただいたことに感謝し、それを支えてくれた針に感謝し、この先の一年も、お針仕事ができますように、願わくば上達しますようにとお祈りさせていただいてきました。








お針仕事とはちょっと違うけれど、すこしずつお仕事始めています
a0213793_09174034.jpg
久しぶりにコテを握ったら、力が入りすぎたのか右手の関節が痛い^^;

画像のものはオーダー品(試作途中)ですが、セレモニーシーズン間近でもあり、コサージュ、少し作って納品できたらと思っています。
でももしかしたらもう時期を逸しているのか???人々はもっと早くに準備をするもの?!私はいつもギリギリだけど。。。

もしも、今年春のセレモニー用にコサージュを探しているという方がいらっしゃいましたら、blanca*のコサージュもあるかも~?と検討していただければ幸いです。2月末ころまでにはいくつか作れると思います。
お急ぎの方など、お問い合わせ等がある場合は、コメント欄(鍵コメ)でお願いいたします。



[PR]
by vitablommor | 2016-02-10 09:29 | ひとりごと・日常 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 春の野の花の 読書ノート2016 >>