針感謝祭

展示会、無事に終了いたしました。
お越しくださったみなさま、ありがとうございました。


2月8日は毎年恒例となりました「針感謝祭」に行ってきました(一般的な名称は「針供養」だとおもうのですが、私が毎年お世話になっている三嶋大社では「針感謝祭」という名称なのです)。
a0213793_09003632.jpg
もう刺してる場合じゃないくらい針の数が多い方々が、うどんに七味をかけるかのごとく、豆腐に針をかけておられました。
お豆腐にてんこ盛りになったこれらの針の山は、この後、神主さんのお祓いを経て、淡島の神に捧げられます(現実的にはその石碑のそばに掘ってある穴に豆腐ごと入れられます。最後にお浄めのお塩をドバっと)。

今年は曇天の寒い日にもかかわらず、例年より多くの方が参加されていて、そのせいもあってか行事自体が若干「巻き」で行われ(笑)、外で震えている時間が少なくて済んで、正直助かった~~~。

今年もお針の仕事をさせて頂けていることに感謝しつつ、針仕事の上達を祈念してまいりました。
これからも細々と、自分のペースでお針仕事を続けていけますように。




# by vitablommor | 2019-02-13 09:11 | ひとりごと・日常 | Comments(2)

展示会

三島のsoraさんでの『FRANCENCA AMAM LABEL』さんの展示会、始まっています。
初日は在廊いたしました。
多くのお客様が楽しげに試着される様子を見ることができて楽しい一日でした。

私の帽子、kegoyaさんの帽子トルソーに飾っていただいています。
a0213793_14163761.jpg
a0213793_14163337.jpg
7日までです。
沢山の方に見ていただけたら嬉しいです。

今日はうららかな立春ですね。



# by vitablommor | 2019-02-04 14:18 | 帽子 | Comments(2)

近況まとめ

こんにちは!
今年になって初の更新です。
でも写真も何もなくてごめんなさい。

今、いろいろ重なって超がつく忙しなさです。

展示会まであと半月を切りました。
今回の展示会はあくまでFRANCESCA AMAM LABELさんのお洋服の展示会ですので、私の帽子は少しだけですが、それでも何人かの方から、帽子、展示会、楽しみにしてますね♪と優しいお言葉をいただいて、本当に有難い限りです。

帽子は、いつも作っている布の帽子ばかりじゃなくて、バオー(藤の蔓)を木型に型入れしたものや、SASAWASHI(笹の糸)で編んだものなども作っています。主に春夏に向けての帽子たちです。
なんで写真がだせないのかっていうと、本体は出来ててもトリミング(リボンとかの装飾ね)が終わってないものばかりなのです。

そんなわけでむやみに家の中がちらかっています。


でもそんな中、この間会った友達から聞いたのですが、今年は節分・立春・旧正月が3・4・5で並ぶんですって。この並びが暦的にものすごく珍しいらしくて、大きな変化が起こることが予想されるので、いい波に乗れるように1月はいろいろ頑張っておいた方がいいらしいですよ。いや何をアドバイス的に言ってんだよ、お前が頑張れやって話ですけども。
家の中の滞っているところとか、掃除とか整理とかもした方がいいらしいです。うおー!!それやってると1週間かかるーT▽T;

がんばりましょう。

今年もどうぞよろしくお願いします。



# by vitablommor | 2019-01-17 09:28 | ひとりごと・日常 | Comments(0)

帽子屋blanca*として

ブログを放置すること早・・・何日だっけ?
もうすっかり忘れられているかもしれませんが、まだ辞めたわけではありません。

でも休眠状態でした。
短期で事務のアルバイトをしていたり、その間に父が亡くなったりと、とてもバタバタな毎日を過ごしておりました。
他にもいろいろ私事で時間と心を持っていかれることなどもあり、もうこのまま手作りの人じゃなくて事務の人になっちゃってもおかしくないくらいなのですが、ありがたいことに帽子屋としての私にお声をかけていただく機会があり、少しですが来年のsoraさんでの展示会に、帽子を出品させていただくことになりました。

a0213793_08514517.jpg
2月1日から開催の、FRANCESCA AMAM LABEL さんのお洋服の展示会に、協力作家のひとりとして参加させていただきます。
kegoya さんの籠、立田暁子 さんのアクセサリー、Nowheremanさんの詩と洋菓子もご一緒です。

リンク先にぜひ飛んでみていただきたいのですが、皆様とてもとても雰囲気のある素敵なモノをつくられる方達ばかりで、このメンバーの中で私のブログとインスタだけが大分ふざけているので本当に場違い感が半端ないです。逆の意味で大迫ぐらいハンパないです。

ブランディングというものを考えるなら、個人的なページと作家としてのページは分けるべきかもしれないですね~・・・ってなことをこの間も人と話したのですが、もう一個アカウントとって・・・とかいうのが実はもうめんどくさいので、当分はこのままいきます。

みなさんの素敵な作品とFRANCESCAさんの素敵なお洋服の邪魔をしないように、作品世界に馴染むような帽子を精一杯作っていきたいと思いますので、寒い時期ではありますが、よろしければ三島のsoraさんまで足をお運びくださいませ。


で、多分その展示会の時までには出来上がってきているはずなのですが、blanca*の名刺を作りました。
a0213793_08514906.jpg
これは試し刷りのもの。濃い色の紙にゴールドのインクで。


名刺、いままで無しでやってきたのですが、ほかの作家さんに名刺を頂いた時など、たま~~~~~に「名刺、ないんですか?」って聞かれることがあり、「名刺、いる?いるかな?いるかもな?・・・」って思っていたのです。

今はパソコンでも簡単に名刺を作ることができますが、私はもし名刺をつくるなら、絶対に活版印刷で作りたい、という夢がありました。
活版名刺も意外にたくさんネット注文できるサイトがあるのですが、ネットだと紙質が確かめられないというのがあって迷っていたところ、たまたま三島で活版印刷をしているところをみつけまして、しかもそこで名刺作成のワークショップをしているというのを知りまして。
「三島?!ワークショップ?こ、これだー!」と思ったので早速連絡。

私は活版印刷の質感自体も大好きなのですが、あの機械を自分でがちゃんがちゃんと動かしてみたかったのです!『大人の科学マガジン』の活版印刷マシンも買ったくらいです。でもあれでは満足できなかったんだー!!

というわけで先日お邪魔して、自分で一枚一枚名刺を刷ってきました。楽しかった!もっとやりたい!!
a0213793_08515320.jpg
ご興味のある方のご参考までに、乙女印刷さんです。

名刺のワークショップは、インクは一種類ですが紙は何種類でも好きなのを選べて、自分で刷る楽しさもあり、乙女印刷の中山さんも気さくで楽しい女性の方だし、活版好きな個人の作家さんにはおすすめです。


というわけで、暮れも押し迫ってまいりましたが、これから先ものんびりペースではありますが、帽子屋として(ときどき布花屋として)活動していくつもりでおりますので、どうぞよろしくお願いいたします。






# by vitablommor | 2018-12-26 09:47 | お知らせ | Comments(8)

ザ・ディズニー映画

ええ~?!くまのプーさん実写ぁ?!って、テレビで予告を観た時思ったのですが、その予告がなんだかとても感じ良かったので、これは観に行こうと思っていたのでした。
公開から随分日が経ってしまったけど、なんとか間に合いました。
『プーと大人になった僕』
洋画は字幕派なのですが、今回は上映時間の都合で吹替えで観ました。ユアン・マクレガーの声を堺雅人さんが演っていて、あの顔が脳裏にチラつかないようにある種の集中力を要しました。有名な俳優さんの吹き替えは、たまにこういうことがあるのでちょっと困ります。
a0213793_18171041.jpg
ユアン・マクレガー、いい感じにくたびれた大人をやってて良かったですよ。
プーさんと仲間たちも、これまたいい感じにくたびれたぬいぐるみで、ディズニーアニメよりも原作本の挿絵のイメージに近くてすごく良かった。で、ぬいぐるみなのにちゃんと表情があるんですよ。

テーマとしてはディズニー映画(に限らずアメリカ映画ではよくあるかな?)でよく見られる『仕事に忙殺されていた大人が、人生で本当に大切なのは何かを見つける』といったものなのですが、これを「ああ、よくあるやつね」って思わせない上手さがありました。
プーと仲間たちが暮らす『100エーカーの森』の風景がもう本当に素晴らしくて、その中で、仕事仕事でイライラしてばかりだったクリストファー・ロビンがだんだん子供時代の心を取り戻していく様子に、観ているこちらの心も浄化されるようでした。
クリストファーの忘れ物を届けるために、プーたちがロンドンを冒険するところも可愛かった。

上映期間ももう終盤だと思いますが、もしこれから観に行かれる方はエンドロールまで観てくださいね。そこにもお楽しみがありますから!

ディズニー映画って、きっと丁寧に楽しんで作られているんだなあって、改めて思いました。




# by vitablommor | 2018-10-28 08:30 | 映画 | Comments(0)