人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コサージュや布雑貨の製作、販売をしています。 


by vitablommor
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
こんにちは。
お久しぶりです。
気が付けばもう9月も後半じゃないですか?!
ハロウィンがどうしたとか、クリスマスコフレの予約とか、何のこっちゃ?と思ってたけど、もうそういう季節だったよ。
いつの間に今年もう3/4近く過ぎ去ったの???

はあ~・・・

こりゃあっという間に今年も終わるね。


さて、相変わらずスペイン風邪以来の世界的大混乱が続いておりますが。

混乱と不安から、いろいろな分断が起こっておるなあと思うわけです。

SNSなど見てますと、ふいに「あんなもんはただの風邪」「茶番劇にみんな騙されてる」などと言った投稿記事を見かけることがあります。
予防のための注射を打つか打たないかについても「打ったら大変なことになる」と言っている人もいます。
一方で注射を社員に義務付ける企業があったり、それを確認しないと飲食店が罰せられるなど義務化の流れがあり、またそれに対して個人の自由に企業や国がそこまで踏み込んでいいのか?といった議論や反発が起こっています。

病気それ自体に対する不安とはまた別に、正しい情報が得られていないのではないか?、また、大きな権力にいいように操られているのではないか?などといった疑念や不安があって、そこがまた混乱を生む。
悩ましいところですよね。

みんな自分が正しいと思ってるし、思いたいわけだし。
どの位置から物事を見るかによって、何が正しいのかは全然違って見えたりもするんだと思う。

何が正しいのか、どうするのが最善策なのか、私ももちろん全然わかりませんが。

多分ひとつだけ間違いないのは「みんな不安」だし「みんなこの状況、なんとか早く終わってほしい。終わらせたい」

なので、一個人のできることとしては、むやみに自分と違う相手を非難したり攻撃したり、無知であるとか無責任であるとか決めつけたりしないでおこうと、それだけ思います。

不安が産む分断が、ろくなことになった例はない。多分。



# by vitablommor | 2021-09-21 09:29 | ひとりごと・日常 | Comments(0)
「ボーっと生きてんじゃねえよ!」って、チコちゃんは言いますが。
最近聞いた話では、ぼーっとするって、結構大事らしいです。

ぼーっとしてる時に、脳内では感情をコントロールする部分や認知や運動機能を担当する部分が活性化するそうで。
不安や焦りを減らす、アルツハイマーを予防する、集中力の向上、など、さまざまな効能が、ぼーっとする時間にはあるのだそうです。

やったー!ぼーっとするの大好き!大得意♪と思った私でしたが、
ぼーっとする時間≠テレビ、スマホ、ゲーム なんです。あと多分本も。
ぼーっとする時間には、余計な情報や刺激を入れないでひたすらぼーっとすることが大切で…

…てそれほぼ瞑想やないかい!

気が付いたらぼーっとしてて2時間経ってた。とか、昔は結構よくあることだったんですけど、スマホを持つようになってから、そんな時間は格段に減ったような気がします。
試しにちょっとぼーっとしてみよう、って昨日やってみたんですけども。
気が付けば何の用もないのにスマホに手が伸びてたわ。んでインスタとかだらだら眺めてた。

これだから現代人は!(←お前だよ!)


友人にヨガセラピストをやってる人がいて、何回かヨガに通わせてもらったことがあるんですが、ヨガって最後にかならず「シャバアサナ(屍のポーズ)」っていうのをやるんですね。
マットの上に大の字(というほど手は広げないけども)に寝転がって、ゆったりとした呼吸を繰り返し、空気や風や聞こえてくる自然の音などに耳を傾けて、全身の力を抜いていく。
これの前に固い体をあちこち曲げたり伸ばしたりしてちょっと疲れていることもあって、ほぼ毎回、うっかり寝てしまうのですが。
あれは本当にリラックスできて、いい時間でした。あれが多分、正しい『ぼーっとする時間』なんじゃないかと思う。(あと、このひたすら深い呼吸を繰り返すことに集中する。という作業は、寝付けない時とかも効果的)

ちなみにお寺の座禅会にも行ったことがありますが、慣れない胡坐座で雑念を払って座ってるって予想以上に難しくて。1回2回やったところで特に何もすっきりしなかったです。シャバアサナの方が、簡単に座禅以上の座禅効果(そんな言葉ないけど)が得られるよな、って思いました。

こんな時代だからこそ、そういう時間て大事よね。

まあ私は今はヨガも何もやってないですけども。
ぼーっとする時間、意識的に作っていきたいと思います。


# by vitablommor | 2021-08-25 09:08 | ひとりごと・日常 | Comments(0)

困りごとに対処してみた

昨年末に朝から深夜までバイト三昧で稼いだお金をつぎ込んで、ヘタリまくって座り心地最悪だった古いソファを買い換えました。春先に。

カバーリングの生地が数十種類の中から選べるタイプだったので、色や素材など悩みに悩んで、考え抜いて選んだつもりだったのですが、これが春先など肌寒いころには本当に気持ちの良い、しっとりした質感の生地でして、つまりは夏になると暑い!

困りごとに対処してみた_a0213793_10330417.jpg

ソファ自体は本当にクッションの硬さも好みで、余裕で横になれるほどの幅があってくつろぎやすいのですが、せっかく気持ちよくくつろいでいてもしばらくすると「あっっつ!」ってなってしまって。
くそう、買う時、夏のこと考えるの忘れてたー!私のバカー!!!さらっとした生地になんでしなかったんだよぅ~(´;ω;`)と、しばらくのたうち回っていましたが。

そういえばうち、生地ならあるじゃない??
ミシン持ってるじゃない???
カバー作ってかぶせちゃえばいいんじゃない?!

ということで作りました。

困りごとに対処してみた_a0213793_10330755.jpg
とは言え、結局手持ちの生地はどれも尺が足りずにカバー用に生地を買った(*ノωノ)


座面はボックスシーツの要領で縁裏にぐるっとゴムを入れたものを作り、背もたれはマチのある袋を作って上からかぶせたのみ。
本当にざっくりした作りではありますが、暑い中頑張って縫った甲斐あって座り心地がとっても快適になって嬉しいです。

リネン生地のカバーリングのソファを使っている友人の話だと、やはりリネンだと冬に冷たいということだったので、まあ結局どっちかの季節に何らかのカバーがいるようになってるのかも???


久しぶりのソーイングでした。
久しぶりに部屋が糸くずと埃だらけになって、ああ、これこれ、こうなるんだよねと思い出した夏の一日。

結局、用途の決まっていない布は在庫していても使う機会がほぼないな、ってことに気付いた反省の一日。

今日もじめじめ暑いですね。
健康に気を付けて過ごしましょう。





# by vitablommor | 2021-08-24 10:51 | ひとりごと・日常 | Comments(0)
Amazonで見つけて、なんだかこれよさそう、って思って、一応最寄りの書店を3軒廻って探したけどないのでAmazonで購入しました。
まどろっこしい。
でもできれば地元の本屋さんにあるものは地元の本屋さんで買いたいと思うんです。
でも店に在庫がなくて取り寄せになると平気で1週間2週間かかってしまうので、そういう時はAmazonで買っちゃうのです。
中途半端な地元書店応援でごめん。

あ、買った本はこちら↓

気に入りすぎてすぐに2巻もポチりました。
ていうか私が購入した翌日くらいに2巻が出た。教えといてくれたらまとめて買ったのに。

遥か未来のニッポンが舞台。
作中ではっきりとは書かれていませんが、どうやら人類はどえらい過ちをやらかしてしまって地球環境を一度ものすごく汚染してしまった様子。
そこからなんとか立ち直り、反省をもとに構築されたシステムのもと、すべての人が評議会による監視と評価をされながら暮らしている未来社会。
そこでは人は幼いころにテストによって振り分けられ、レベル分けされ、そのレベルごとに住まう地区も、持つ権利も決められています。
人々は互いに評価を付けあい、それによってレベルが変動。24時間『コンサル』と呼ばれるAIに監視されと同時に心身ともに健全であるようお世話されながら暮らしています。
と書くとものすごく窮屈なディストピアに感じますが、作中の空気感はとってもほのぼの。
『動物のお医者さん』のハムテルと二階堂を彷彿させる、精神が凪な主人公とそのにぎやかな友人を筆頭に、出てくる人たちがみんなホント穏やか。
これは管理社会で精神まで監督されているせいもあるのかもしれないと思うとちょっとぞわっとしますが、それだったとしてもこの社会はなんだか暮らしやすそうだなあと思っちゃいました。

人はある一定のレベルに達するとペットの飼育ができる権利を得ますが、そのペットも『生体プリンター』を使って作るものとなっているようです。
主人公も生体プリンターを買って柴犬を作ろうとしますが、機会の不備で全体にもちもちと丸っこい不思議生物(プリンタニア)が出来上がってしまって・・・というところからお話が始まります。

「すあま」と名付けられたこの生き物のふよふよした姿かたちが可愛くて萌え!
ほのぼのするわ~。癒されるわ~。と思いながら読み進めていくうちに、彼らの暮らす社会の裏に隠れていそうなダークな匂いがプンプンと漂ってくるのです。
1巻全体をモブキャラ迄見てみても女性の姿が全くないのも謎。

今後の展開が気になる1冊。おすすめです。



# by vitablommor | 2021-08-23 13:35 | 本・CD・DVD | Comments(0)

ふつうのくらし

九州から東日本にかけての広い範囲で雨が続いています。
災害級の雨になるかもしれない、と先週の段階で天気予報が知らせていたけれど、残念なことに本当に各地で災害が発生しています。
これ以上の被害が出ませんように。祈るばかり。

うちの実家の近くでもあちこちでがけ崩れがあったようで、とても心配です。

長い人生の中でそれなりにあちこち引っ越しながら暮らしてきたので、今や日本各地に友人知人が暮らしていて「あ、あそこは〇〇ちゃんの実家が近いんじゃないかな?」とか「××県、▽▽さんがいるところだけど大丈夫だろうか?」とか、災害のニュースを見るたびに心配になことも増えてきました。
もちろん私の住んでいる地域だって、いつ何時、何が起こるかわかりません。

みんなが無事で、悲しい思いをしないで暮らしていけるといいな。

8月は広島、長崎の原爆記念日があったり終戦記念日もあったし、今はコロナ禍と言われる状況の中でみんなが不安とストレスを知らず知らず募らせているし、加えてこの雨。


普通の暮らしの尊さを、あらためて思います。


ひとつ前の記事で紹介した本『プリンセスお母さん』3巻にあった話なのですが、
プリンセスお母さん、こと、カトリーヌ、ことママ子さん、自宅と職場(とスーパーとかの買い物)以外、特に出かけたりもしない生活だったにもかかわらず、あるときコロナ陽性となって、療養施設に入られたそうです。旦那さんは入院して一時期生命の危機もあったとか。作者である娘さん(同居家族)は陰性だったものの、濃厚接触者として2週間自宅から出られず、家族にとって厳しい時期を過ごすことになったとか。
その後、容態が回復してご両親とも自宅に戻ってこれたのですが、コロナ療養中、家族は心配だし職場にも申し訳ないし具合は悪いしで放っておくと絶望的な気持ちになりそうなとき、お母さんが努めてしていたことが「少しでも自分は恵まれていると思えること、感謝できることをさがす」ということだったそうです。
これは、真似したい心がけだと思いました、私。

それでは、今日もそれぞれできるだけいい一日を過ごせますように。


# by vitablommor | 2021-08-16 11:53 | ひとりごと・日常 | Comments(0)