今月25日まで、沼津のWeekend Booksさんにて今年最後のイベント『ポケットニ彗星ヲ ーイナガキタルホをめぐるあれこれ』が開催されています。
初日、お手伝いに行ってきました。

a0213793_08560180.jpg
keinoglassさんのガラスのオブジェ。今回の展示会に合わせて、月や星、彗星などがデザインされた作品が多く、静謐で幻想的な世界が閉じ込められた小さな作品たちに、お客さまも釘付けでした。もちろん私も。


天然石とアンティークの時計部品などを使った美しいジオラマ作品をお作りになる作家の時計荘さんは、初日在廊されていたので色々とお話を伺うことが出来ました。
ジオラマ作家さんというと、なんとなく男性の作家さんというイメージがあったので、ほわんとした優しい雰囲気の女性でびっくり。
a0213793_16583664.jpeg
このものすごく繊細な作品たちは、自作の道具を使って、ボトルシップを作るような感じで瓶の中で組み立てていくのだそうです。
フラスコの中で組み立てるのはすごく難しそう!
画像左は「タルホだからホタル石を使ったの♪」と仰っていた作品の中の一つ。(こちらの画像はWeekendbooksさんのブログよりお借りしました)

ご夫婦でご来店されたお客様で、ご主人の方がすごく気に入っているものの決めかねる、という様子でいらして、それを見た奥様が「もう(彼は)欲しいの。それなのに買う理由を探してる」と仰るので「それは『一年間がんばった自分へのご褒美』ですよ。クリスマスだし」と言ったら「わー!でた!これだから女は嫌なんだよ(笑)」って言われてしまいました。でも買ってた(笑)。
そういえば男性は『ご褒美』買いってあんまりしないんですかね~?

a0213793_08561039.jpg
クリスマスシーズン、アドベントシーズン。まあなんだかんだでお買いものしちゃう時期です。
そして女子のご褒美買いはまあ年がら年中です。女性はプレゼントされるのもするのも、好きな人多いですしね。
tegamiyaさんのカードも、この時期にぴったりの素敵な物が多くて心惹かれました。こんなのもらったら嬉しい。絶対。


kanakanaさんのアクセサリーは以前から大好きで、護国神社の手創り市では毎回朝イチに立ち寄ると決めているくらい。素敵なのにリーズナブルなので人気は当然で、毎回こじんまりしたブースが黒山の人だかりになってます。
今回も沢山のお客様が、ピンブローチやピアスをお買い上げになられていました。え~、私も。。。^^;
a0213793_17110128.jpg
kanakanaさんはビーズを使った作品も素敵なのですが、今回の作品は樹脂を使ったもの。中には月光のカケラが閉じ込められているようです。『月光密造』という素敵なタイトルがつけられています。そして台紙には足穂作品の一節が・・・こういう、一滴のエッセンス?的なものに、やられちゃいますね。


他にも陶器のブローチやカルト(カード)、お菓子など、どれも素敵でかわいくて美味しくて素敵なのですが、ご紹介はここまで(写真うまく撮れなかったから)。ご興味のある方はぜひお出かけください。プレゼントにぴったりなお品も沢山です。


ところで今回の展示会のテーマになっている『稲垣足穂』、ご存じでしたか?
私は初日、若いかわいいお客様に「タルホ?って地名ですか?」って訊かれました。うん、多分それオタルだね。

まあそういう私も20歳過ぎまで「足穂」の読み方がわからなくて「アシホ?変な名前」と思っていましたことをここに告白します。




[PR]
# by vitablommor | 2016-12-19 17:18 | イベント 展示会 | Comments(0)

藤枝さんぽ

はりがね造形の作家さんであるトチオサヤカさんの展示会『はりがねスケッチ』を観に、藤枝へ行ってきました。

a0213793_09362143.jpg
先週の金曜から開催だったため、私たちが行った火曜日にはほとんどの作品が売約済み、作品数もかなり少なくなっていました。
それでもご購入後もご厚意により展示してあった作品たちを堪能してきましたー。
ライトで影を作りながら見るのが楽しかった~。

この写真に一番大きく載っている「彼」は、初日に婿入り先が決まったそうです。知的で柔和で線が細く、やわらかそうな巻き毛はきっと少し暗めの金髪かな?と想像します。今風に「イケメン」というよりも「ハンサム」と言いたい。はっきり言って超タイプ!私のもとにムコに来ることはなかったけれど、どうか幸せになってね~。可愛がってもらってね~。

左下のスケッチする女性は『この世界の片隅に』のすずちゃんをイメージして作られたそうです。影に映った後姿、スケッチに夢中になっている感じがなんとも素敵でした。


展示会をされている藤枝の雑貨屋さん『ことり』さん(小鳥ではなくて、ものを置いた時のコトリという音が店名の元だそうです)は、この度15周年を迎えられたとのこと。店主さん自らデンマークで買い付けされた素敵な物たちや、趣味のいい服やバッグ、食器などが並んでいる素敵なお店です。
展示会は本日14日までですが、藤枝に行かれる際にはおすすめのお店のひとつです。

ちなみにはりがね作家トチオさんは、ことりさんとは駅の反対側で『スプーンフル』というイタリア料理のお店をされています。お店にも色々なはりがね作品が飾ってあって、温かい雰囲気の素敵なお店。パスタもピザもどれもおすすめですが、うちが家族そろって好きなのが4種のチーズのピザ!藤枝行かれる方はこちらもおすすめです。

でも火曜日はお休みなので、昨日は『チャールストン』さんでお昼をいただきました。
写真を撮り忘れましたが、オシャレで、でも気取らなくて落ち着ける素敵なお店です。もちろん美味しい。
昨日は寒い雨の日でしたが、まきストーブの心地よい熱ですっかりぽかぽかになりました。
ここ、一人用の席もいくつかあって、それがなんとも居心地良さそうなのです。近所にあったら絶対通っちゃうなあ。。。
お店の内外に色々な種類のたっくさんの多肉植物があって、多肉好きさんにはその点でもおすすめです。

以上、藤枝さんぽでした。(あ、チャールストンさんは住所的には島田?)
記事にするならいろんなお店でちゃんと写真を撮るべきだなあと反省。
文字ばっかの記事で申し訳ないですが、以前、私が静岡県西部方面に行ってみようと思った時、いろんな方のブログで素敵なお店の探訪レポを読んで参考にさせてもらってたので、どなたか藤枝方面に行かれる方のお役にたてたらいいな、と思ってお店情報も載せてみました。

あと藤枝はバウムクーヘンの『リーベンローザ』さん、抹茶アイスが有名な『ななや』さんの本店にも行ってみたいのですが、今まで機会がなくて伺ったことがありません。次回はぜひ、とねらっております。


[PR]
# by vitablommor | 2016-12-14 10:12 | おでかけ | Comments(0)
オウフィルドゥロウさんでの古着市、終了しました。
私の出したリバティ布をお持ち帰りいただいた方、ありがとうございます。どうか素敵に使ってあげてくださいませ。
ファンの多いリバティですが、最近ではリバティをご存じない方もおられるようで、、、一時期の手作りブームとともにリバティブームも一段落というところでしょうか。


さて、布の整理に続いて、「この本タワーはどこまで高くなるんだよっ!」っと家人に言われた本の整理をしました。

レベル0:もうこれ売っちゃおう
レベル1:今後見返すことがあるかもしれないから一応取っておこう
レベル2:すぐには必要じゃないけど必ず見返す時がくる本だから取っておこう
レベル3:買ったけどまだ読んでない本、または頻繁に何度も見返す本だから取りやすい位置に置いておこう

の、4段階に分けまして、本棚に入れたり、、、、え~、、本棚前に積んだりf(^^;しました。(タワー、大分低くなったよ)

今日はそのレベル3に位置した本たちのご紹介です
a0213793_10192144.jpg
右上から時計回りに『ひとりぐらしも神レベル』『ひとりぐらしもプロの域』『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』『半径3メートルのカオス』の4作品
4作品のうちの3作品が、同じ作者さんによるコミックエッセイです。

『ひとりぐらしも神レベル』にあった、作者カマタミワさんの行動指針が

「何か面白いことないかなー」じゃなくて、
「面白いことはすでに存在している。私がそれを見つければいいだけ!」

なのだそうで、この指針は私も採用しようと思っているところです。
意識の持ち方一つで、世界の見え方は変わるものですからね。面白いことを見つける目はギラギラさせていたほうが、きっと面白いことが沢山みつかるはずだな~と、このマンガを読んでると心から納得します。

『ひとりぐらし』シリーズは(といっても2冊)、笑えて面白いだけじゃなく、現在一人暮らしの方や、これから一人暮らしを始める方にもきっと役立つことが沢山書いてあるので、そういう方には特におすすめです。きっと一人暮らしがより楽しくなりますよ。


『最後の秘境 東京藝大~』は、藝大生の奥さまをお持ちの作家さんが書かれた藝大レポ。
読む前はちょっと大げさなタイトルに思えるかもしれませんが、読んでみると確かに、上野駅前にこんな秘境があったか・・・という気分にさせられます。インタビューに出てくる学生さんたちは皆一様に意欲的で、個性的で、しっかりしていたけど、一方でここの学生は年に何人も行方不明になると言うのだから、藝大に入ったものの、並み居る天才たちの前にがっくり挫折してしまう人も多いんだろうなあ。。。
私は芸術には疎い人間ですがそれでも色々面白かったので、音大、美大出身の方が読まれると面白さもまた格別かもしれません。


年末年始はどんな本を読もうかな?
おススメ本、ぜひ教えてください。








[PR]
# by vitablommor | 2016-12-12 09:57 | 本・CD・DVD | Comments(0)

手放す

手作りされるみなさん、「大事すぎて使えない布」ってありませんか?
私は、それらが収納スペースを圧迫するまでに増えてしまいました。

リバティプリントのタナローン生地。コットンながら滑らかな触り心地、薄くて軽くて、でも透けにくくて丈夫さも兼ね備えた素敵な生地です。そして、毎年春夏・秋冬と新作の柄が出る!
新作柄は素敵なアパレルメーカーがいち早く取り入れてワンピースやブラウスを作っていて、それがまたかわいかったりするので、「これ、生地を買って縫えば似た感じでかわいいのがお安くできるのでは・・・」という目論見からついつい買ってしまって・・・その割にはなかなかハサミが入れられません。なぜならばお高いから!失敗したときの落ち込みが半端ないから!

そうこうするうちにまた次のシーズンがやってきます。布山ミルフィーユは、こうして少しずつ厚みを増していくのです。収納ボックスを膨らますほどに。。。!

で、残念なことにそうやって「もったいな~い、もったいな~い」って出し惜しみをしているうちに月日は流れ、私も年を取り、肌の色合いとか、服装の趣味も変わってくるわけです。持っているのはどれもどれも好きな布、でも私に似合わない!という現実・・・orz


はい、もう諦めた。放出しまーす。
a0213793_09474730.jpg
2mあるものもあれば、ちょこっとだけ使っちゃって1.8mとか、あとはハギレもありますが、どれをとってもお宝のリバティ布たち。
中には過去の季節限定柄で今は手に入らないものもあります。
今週の金・土の2日間、清水町のオウフィルドゥロウさんで開催される古着市に、これらのリバティを古布として出品させていただきます。お好きな方に活用していただきたいと思いますので興味のある方はぜひ見に行ってみてくださいね。
古着市ですので、もちろん古着(でも状態のいいものです)も出ます。以前も書きましたが結構掘り出し物があります。早い者勝ちのようでいて、途中で追加の古着が入る場合もあるので、自分にぴったりのものと出会えるかは縁と運次第。年末の運試しも兼ねてぜひお出かけくださいませ~。そしてリバティを持って行って~。使ってやって~。


a0213793_10030232.jpg
で、こちらは先日初めて買ってみた手芸ガチャ。ガチャマシーンではなくて、レジ横の段ボールにガチャ玉が入って売っていました。
ガチャ玉の小さい穴から中を覗き込んで「JUKIの文字見えた!これはミシンね!」と思って買ったらハサミでした。ミシンは紙の写真が見えてただけだったよ。でもハサミも欲しかったからこれはこれでよし!

問題は下のミナの生地。「バッグにするぞ」と買ったものの、想定していたバッグにするには布が足りないことが判明。とたんにどんな形にすればいいのか、失敗したくない!と怖気づいてハサミが入れられないという例のパターンに・・・・

ね、年内。年内には必ず形にします!冷蔵庫からも布箱からも、死蔵品を無くすのだーーー!



[PR]
# by vitablommor | 2016-12-06 10:12 | ひとりごと・日常 | Comments(2)

そらいろベレー

あっという間に今年も12月に入りましたね。
寒い日と暖かい日がかわるがわるやってきて、今日はどの程度の防寒をすればいいのか、毎日天気予報チェックが欠かせません(でもって結構「予報と違って・・」ということが起こるんですよね)。


意外にも(?)防寒対策にもなる帽子、作りました。
頭が温かいって、結構快適なものですよ。
a0213793_09552369.jpg
綺麗なブルーのフランネル生地を使っています。軽くて快適。大人になればなるほど、身につけるものは軽くしなくちゃ、って誰かが本に書いていましたよ。曰く、「人生が重いんだから」。
まあ人生が重たくなくても、厚着すると肩こりますからね。帽子もバッグもコートも、軽い方がいいには決まってます。

ぽわんと丸いカタチですが、少し浅めにかぶってふくらみの部分を横や後ろに倒していただくことで、色々な表情を楽しめます。
また、すっぽりとふかくかぶってもかわいいですよ。

この鮮やかな空色に躊躇される方もいらっしゃるかもしれませんが、黒やグレーのコートに合わせてみてください。冬空に映えるコーディネートだと思いませんか?
近々納品予定です。お店で見かけられたらぜひお試しくださいね。



[PR]
# by vitablommor | 2016-12-01 10:04 | 帽子 | Comments(0)

コサージュや布雑貨の製作、販売をしています。 


by vitablommor