先月読んだ西加奈子さんの『i(アイ)』がものすごくよかったです。本屋大賞にノミネートもされているようですね。

i(アイ)

西 加奈子/ポプラ社

シリア生まれで、幼少期に養子縁組によってアメリカ人の父と日本人の母に引き取られ、小学校までをアメリカ、その後を日本で暮らすことになった主人公『アイ』が、自分自身を掴みとり、抱きしめることができるようになるまでの物語。

世界に起こったさまざまな悲劇的なニュースと、そこで生きる、あるいは死んでしまった人たちのことを思うと、自分が今ここでぬくぬくと生きていることにうっすら罪悪感を覚えるという人は少なからずいると思います。6年前の東日本大震災のときなんて、被災地以外の日本中の人たちがそんな感じになってましたよね。
もちろん募金とかもするんだけど、そこで罪悪感を持ってしまうような人って多分、募金しながらも「現地に行って何か手伝ったりはしないくせに、少しばかり募金することでいいことした気になろうとしてるんじゃない?それってすごく傲慢なんじゃない?」なんて自問してしまうんですよね。・・・ってそれは私です。

シリア生まれでありながらアメリカ国籍を持ち、裕福なアメリカの家庭で育ちつつ、両親によって幼い時から自分の出自を知らされていたアイは、小さいころから、自分の恵まれた境遇に対して罪悪感を抱え続けて生きています。
そして、自身は何不自由のない暮らしをしながらそんな罪悪感を抱くことが傲慢だとも思っていて、両親に対しては内面の孤独を隠して幸福そうにしていなければならないとか秘かに気兼ねしていて、もうなんだか色々ずーっとがんじがらめ。

なんだか、わかる。いや、わかんないけど。本当はそんなのわかるわけもないけど。
西さんの文章が巧みなので、主人公の気持ちにすごく寄り添う感じで読み進められて、だから最後にアイが今までの苦悩や葛藤を越えて自分の存在を丸ごと抱きしめられるようになった時のカタルシスがなかなかすごかったです。

1月に読んだ本の中でベスト1
過去に読んだ西加奈子さんの作品のなかでも、これはベスト3に入る感じです。1でもいいかも。


あ、思い出した。関係ないんですが、そしてこれはただの鼻持ちならない自慢で親ばかなんですが、先日コドモが通っている高校でビブリオバトルをやったそうで、うちの子、優勝したそうです♡ 勉強でも運動でも、芸術分野でも、何かで優勝とか入賞とか、ほぼしたことないので珍しく嬉しそうにしてて、私も嬉しかったなあ。。。 
ビブリオバトル、やったことも見たこともないけど面白そうですね。

本の紹介から最後に親ばか自慢トークになっちゃって失礼しました。






[PR]
# by vitablommor | 2017-02-07 10:37 | 本・CD・DVD | Comments(0)

アルクアラウンド

先週一週間は、とにかくお出かけの多い週でした。

火曜日に吉祥寺に出かけ
水曜日は新宿に出かけ
金曜日は富士に出かけ
土曜日はsoraさんでバイト
日曜日は上野と四ツ谷に出かけてきました

は~、歩いた歩いた。
普段とことんインドアな私が、先週は一日平均で5km近く歩いていました。
地元にいると車ばかりですが、東京は電車+歩きの移動になるのでとにかくよく歩きます。
駅周辺では特に階段も多くて、ちょっとしたトレッキングの訓練並なんじゃないかと。

吉祥寺のおでかけについては整理できたら書くようにしますが、長くなりそうなのでそれは後回し。
水曜日はおなじみの帽子教室です。

金曜日の富士行きの目的は、キャトルエピスさんで開催中のイベント『jewerly&chocolate』
今年は富士店と静岡店で出展されている作家さんが違うのですが、好きな作家さんが富士に多かったのでラッキー^^

お目当てのブローチを買うことができました。
a0213793_10304237.jpg
大好きなkanakanaさんのビーズ刺繍のお花のブローチと、NIUさんの木彫りのリンゴのブローチ。

チョコレートはキャトルエピスさんのものではなくてドゥバイヨルのもの。自分用!
パッケージがかわいくて、パケ買い♡



土曜日はsoraさんからお声掛けいただいて、展示会お手伝いのバイト
a0213793_10564033.jpg
展示会に合わせて飾られているお花。原種系のチューリップ ポリクロマ

Raraさんというお洋服の作家さんは、普段は地元の岡山を中心に活動されているそうなのですが、soraにご来店されたお客様がたまたま着ておられたRaraの服に一目惚れしたsoraさんからの熱烈アプローチに応えて、今回三島で初めての展示会開催となったそうです。
袖の長さや衿の形などを自分好みに選んでオーダーできるブラウスの受注会と、その場で購入できる展示即売会を兼ねています。
お洋服の他、小さいバッグやヘアターバンなどの小物も少しあって、それぞれ布や形がシンプルに見えつつ少し凝っていて素敵でした。
a0213793_10564953.jpg
ヘアターバン試着中。ちょっと似合うんじゃないかと思っている所^^

こちらの展示会は9日(木)まで開催中です。



日曜日は四ツ谷の赤坂離宮迎賓館と、国立科学博物館のラスコー展を見学に。
a0213793_10305181.jpg
迎賓館は、『朝日の間』の公開が14日まで(その後しばらく閉鎖される)というのをニュースでやってたので行ってみたら、同じようにニュースを見た人がたくさん詰めかけてて入館前のセキュリティチェックが大行列でした。
内部の写真撮影は禁止だったので、外観だけ。
完全に西洋風の建築なのに、中央の屋根の上の飾りは鎧兜という不思議。
内装も凝ってて素敵でしたが、やっぱり鎧兜とライオンのコラボレーションとか、サーベルと日本刀がクロスになっていたりとか、「お、おおぅ!」と思わせられるレリーフがちりばめられていました。


上野のラスコー展は、ドラマ『逃げ恥』で、ゆりちゃんと風見さんが行ってましたね。
a0213793_10301437.jpg
ここは珍しいことに内部の撮影も(フラッシュなしなら)一部OKでした。
a0213793_10300517.jpg
ラスコー洞窟の壁画、社会科の教科書に出てきてなんとなく知ってはいたけれど、実際の洞窟を再現したミニ模型を見て初めて、洞窟が私の想像の10倍くらい深く大きかったことを知りました。全長200mもある巨大洞窟なんですって。
a0213793_10302949.jpg
ラスコー壁画を描いたのはクロマニヨン人。・・・の説明パネルがちょっとハリウッド俳優みたいで笑っちゃったのですが、クロマニヨン人はホモサピエンスなので、我々がイメージする『原始人』とは違って、現在の人類と同じ種なのだそうです。



体力は使いますが、行きたいところ興味のあるところ、出かけていくとやっぱり面白いですね。
どうも面倒が勝つことが多かったのですが、今年は積極的に面白そうなところに出かけて行きたいなと思っています。
すでに見る予定の映画、展示会がいろいろ♡
楽しいことを考えて生きるのだ!


[PR]
# by vitablommor | 2017-02-06 11:30 | おでかけ | Comments(0)

Rose

気が付けば2月がスタートしていますね。
なんだか急に焦ります。もう2月だって。早い早い、どうしよう。。。


ひとまず絹を染めて、薔薇の花を作りました。
a0213793_16025618.jpg
先日載せたあじさいの花と同じ日に、こちらも染めておいたのです。
あじさいはコテあて作業で疲れ果て、しばし放置しております。その間にこちらが完成。
ちょっとシックなモーブピンク系の薔薇になりました。好きな色です。

じつはまだピンをつけておりませんが、どなたかの胸に飾っていただけたら素敵だなあと想像しております。
黒い服によく似合いそうな気がします。



[PR]
# by vitablommor | 2017-02-02 16:15 | コサージュ | Comments(0)

休み休みやってます

仕事はじめ、の生地を書いたのはいつだったか。。。
切って切ってきりまくった紫陽花の花びら、ようやく染めました。
a0213793_14482889.jpg
手前が渋色チーム、奥が淡色チーム
2つ分の予定ですが、明らかに渋色チームの方がメンバー多いな。。。
ま、足りなくなったらまた切ってまた染めます。

このあと、一枚ずつ(は面倒なので2~3枚重ねて)コテあてして、一個一個に花芯を入れてボンドで固定、数個単位で小さな束を作り、それぞれの茎を布で巻いてボンドで固定・・・などなどの工程を経て作品に仕上がる予定です。
・・・どれもこれも根気仕事です。この飽き性の私がよくこんなこと何年も続けてるなあ。。。

出来上がりはまだまだ先ですが(飽き性なので他のことも並行してやってるので)、出来上がったらお披露目させていただきますね。


一応手仕事もしてるよアピールを、そろそろしとこっかなって思って。
誰に対してだよ、って感じですけど。



卒業式・入学式用のコサージュオーダー、1月31日をもってストップさせていただきます。
ご用命くださる方は1月31日までにコメント欄から鍵コメでご連絡くださいませ。



[PR]
# by vitablommor | 2017-01-27 15:01 | コサージュ | Comments(0)

放ったものが還ってくる

TSUTAYAで本を買ったら、レジでレンタルCD全品半額クーポンが出たので、週末はCDを借りてみました。

友達が「すっごくよかった」と言ってた槙原敬之のニューアルバム
マッキー、特別ファンではないけれど、いい曲が多いし、何気なく聞いていても歌詞にハッとすることがありますよね。
今回のアルバム収録曲の中にもいくつかそういう曲がありました。
10曲目の『信じようが信じまいが』という曲は、ネットで匿名で誹謗中傷を書き込む人たちについて書いた歌で

匿名のマスクを被ったら
わからないって思ってるだろ
でも君が何を思い何をしたか
宇宙に全部刻まれてる
誰かを言葉で傷つけたなら
同じ言葉で傷つけられる
その日が必ずやってくる

というサビのフレーズが印象的でした。
「宇宙に全部刻まれてる」のかー。なるほどね。

私が年を取ったせいかもしれないし、『因果応報』なんて言葉が昔からあるくらいだから、もともとそういう考え方は日本人(に限らずかな?)の心に浸透しているものなのかもしれないけれど、最近殊に「自分が放ったものが、自分に還ってくる」と感じますし、そういうことを言っている人がいろんなジャンルにここ数年で激増したような気がします。

「悪意には悪意が」「愛には愛が」還ってくる。

どうせなら愛の循環の中にいたいものです。
a0213793_10052327.jpg
素敵なアルバムでした。



[PR]
# by vitablommor | 2017-01-24 10:16 | 本・CD・DVD | Comments(0)

コサージュや布雑貨の製作、販売をしています。 


by vitablommor