六角ベレー

予告通り、今日は帽子の記事です。

先日作ったとんがりベレーのパターンをちょっといじって、てっぺんのとんがりをフラットにしてみました。
a0213793_15334462.jpg
横から見ると普通ですが、真上から見るとまあまあ本気の六角形です。

a0213793_15353959.jpg
夏のベレーは生地に芯を貼らずにくたっとしたままにしていましたが(暑いから)、秋になってきたので少ししっかりめの芯を貼って形がきちんと出やすいようにしてあります。

あまり後ろに倒してかぶってしまうとカドが目立ってソラカラちゃん(スカイツリーのキャラクター)っぽくなるので、真っ直ぐかぶって少し斜めに倒すかぶり方がおすすめ。
結構かわいいと思うんだけど、やっぱりもう少しカドが立たないようにパターンを修正するべきか。考え中です。


この形でキャスケットもいいなあと思っていますが、どうでしょう。
今季またキャスケット来てますよね。嬉しい限りです♡



[PR]
# by vitablommor | 2017-09-15 15:47 | 帽子 | Comments(0)

秋がくるよ

秋になってきたなあと思ったので、ブログスキンを変更してみました。
私はちょいちょいこうやって気分を変えていますが、ずっと安定のデザインで息長くブログを続けておられる方を見ると、そういうのもいいなあと、そのブレなさ加減(あるいはデザインとか気にしてないのかも。それはそれでその余計なことに気を取られなさ加減)がかっこいいなあ・・と憧れます。
あれもこれも、それぞれいいよねえ・・・と思ってしまうタチなんです。昔から。

で、そろそろ秋冬の帽子を作ろうっと思いまして、今どんなファッションが流行っているのかな~?ということをなんとなくウォッチしているのですが(東京行ったときに街行く女性を見たり、ファッション誌を眺めたり)、どうもここ2年くらい、大きな流行の変化はないような感じがします。
ガウチョだったり、ベレーだったり。

色柄だと秋になると毎年のように少しトラッドな雰囲気のものが流行りますよね。私も大好きです。
でも年齢を重ねるごとに、若いころと違ってトラッドな雰囲気がハマりすぎて固くなりすぎる、という課題に直面しています。「先生感」がでちゃう・・・

あと、今気になるのは朝ドラ『ひよっこ』に出てくる女の子たちの服装。
特に『ツイッギーそっくりコンテスト』に優勝した時子の服はさすがにおしゃれですねー。
あの時代の服を「昔、お母さんが着てたブラウスの色柄だわ~」と思っちゃう世代なので、多分普通に服だけ見たら「うわっ、懐かし~」だけになったかもしれないのですが、若い子が着てるとまた新鮮に感じます。
若さってすごいな。

そんなこんなでトラッド感とか、レトロ感とか、気になっています。
あとはこれをどう「普通に古臭い」じゃなくするかという課題です。

重すぎる腰をそろそろ上げよう。
帽子作ってる人って忘れられちゃう。

次回は帽子記事を投稿します。


[PR]
# by vitablommor | 2017-09-14 09:36 | ひとりごと・日常 | Comments(0)

いまの流行り

たしかアメトーークの読書芸人特集だったと思うんだけど、オードリーの若林さんが、新書には一定の流れがあって、例えばある時「ポジティブシンキング」の本が売れると、同じようなポジティブシンキング系の本がどどっと出てくるんだけど、それからしばらくすると必ず「ポジティブシンキングなんてするな」っていう、前の流行を否定するタイトルの本が出てくると言ってました。

最近の流行はこれ系↓だと思うんだけど、すると半年後には「好きなことなんかで生きていけない」って本が出るのかな?

「好きなことだけやって生きていく」という提案

角田 陽一郎/アスコム

これ系のタイトル、今すごく多いですね。ホリエモンとか心屋仁之介さんとか、他にも何冊も出ています。
他の本は読んだことないんですが、こちらは読んでみました。なんでこれを読もうと思ったかは謎。

で、要は、「好きなことだけやって生きていく」ためには、今まで興味がないとか嫌いだとか思っていたことも興味を持って面白がれるようにしていくことで、好きなことの範囲が広がるから、だれでも好きなことだけやって生きていけるようになる、という話でした。
ほー、そうきましたか。

好きなことをどうやって増やしていくか、そこからどんなアイディアの出し方をして、世の中にどう伝えていって仕事に繋げていくか、という話から、今、こういう本が売れているのは「好きでもないこと」を仕方なくやって生きている人が多いからだろうけど、今後は人間がやりたくもないような仕事はAIが発達して機械がやるようになる時代がくるのだから、自分の好きなことを広げて、創造して仕事につなげていける人でないと、これからの時代は生き残れないよ、と言う話で締めています。

好きなことだけやって生きていく っていうのも、甘くないんだね~。



[PR]
# by vitablommor | 2017-09-11 10:00 | 本・CD・DVD | Comments(0)

これ、よかった

特にこれといった理由もないのですが、できるだけまめに更新して行こうかな、と思いまして。
今日もただの小ネタですが、よろしければおつきあいください。

楽天スーパーセールで買ったもののひとつが、予想以上にすごくよかったのでご紹介。こちら↓

a0213793_08563354.jpg
フィスカースのはさみ。ムーミンコラボ♪
私が買ったムーミンパパの柄の他、ムーミンママとスニフの柄があって、迷っているうちに他の二つは売り切れになったのでこちらにしてみました。『ムーミンパパの冒険』の絵柄ですね~。色合いも好き。
でも、もっとすごいのは切れ味です。

スパッ!と切れる。

いや、はさみはみんなそうでしょうよと思われるかもしれませんが。

ジョキジョキじゃないんですよ。

スパッ!!

シュパッ!! と言ってもいい。

もうホント気持ちいいんです。切れ味が・・・!


これ、布切れないかな~?
文具として売られているはさみと裁ちばさみって、なにか構造上の違いがあるんでしょうか???
裁ちばさみで紙を切ったらダメっていうのはよく聞くけど、逆はどうなのかな~?

子ども用サイズにはミィ柄があるので、それも買ってしまおうか迷い中。

フィスカースのはさみ、ヒットでした。おすすめです。ちっと高いけどね^^;






[PR]
# by vitablommor | 2017-09-08 09:34 | ひとりごと・日常 | Comments(0)

夜更かし本

大泉洋を主役として「あてがき」したことで話題の小説『騙し絵の牙』
それだけだったらいくら洋ちゃんファンだって言ってもすぐには買わなかったとおもうのですが、作者があの『罪の声』の塩田武士さんだったので、早速買って読んでみました。

騙し絵の牙

塩田 武士/KADOKAWA

出版業界を舞台にしたお話で、頭の回転が早く、ウィットに富んだ話術で周囲を魅了する敏腕編集者の速水が、脳内で大泉洋の声と姿で喋り、笑い、悩み、歌い、、、実に生き生きと動き回ります。面白かったです。
10時すぎから読み始め、夜中の2時半までかかって一気に読了しました。

作者が塩田さんなので、どうしても前作『罪の声』と比べてしまって、前作の方が・・と言いたい気持ちもあるのですが、これはこれですごくよかったです。

本作にも書かれている通り、出版業界は今ネットの台頭で本を読む人が減ったり(この間も久しぶりに東京の地下鉄に乗ったら、老若男女問わず車両中のほとんどの人がスマホ見てました。見てなかったのは私ともう一人くらいしかいなかったな~。見慣れてないから、ちょっと気持ち悪い光景だなと思ってしまった)、電子書籍が出てきてで紙媒体の本や雑誌が売れなくなったり、色々と厳しい現実に直面しているようです。そういえばちょっと前の新聞でも、全国で書店が減り続けていて、書店が一個もない『書店ゼロ自治体』が、400以上あるのだと報じられていました。ほとんどは町や村らしいですが、中には市なのに書店ゼロなんてところも・・!市なのにー!

本屋さんの無い街・・・ツライ。。。

なので私も本はできるだけ地元の本屋さんで買うようにしています。
とはいえ取り寄せ1週間・・・とかなっちゃうと、amazonのお世話になってしまいますし、amazonが私の好みや興味を推察しておすすめしてくることで、へー、こんな本があるのか~・・・と初めて知ることもあるので(監視されとる!と思うと怖くもある。楽天も同様)、ネット書店に否定的なわけではないんですけどね。


でも最近雑誌は買わなくなりました。
オーバー40だけどハイクラスではなくて、超個性的でもなくて、丁寧な暮らしをしているわけでもなくて、特にナチュラル志向でもない人は何を読んだらいいのー???







[PR]
# by vitablommor | 2017-09-07 10:15 | 本・CD・DVD | Comments(2)

コサージュや布雑貨の製作、販売をしています。 


by vitablommor
プロフィールを見る