Rose

気が付けば2月がスタートしていますね。
なんだか急に焦ります。もう2月だって。早い早い、どうしよう。。。


ひとまず絹を染めて、薔薇の花を作りました。
a0213793_16025618.jpg
先日載せたあじさいの花と同じ日に、こちらも染めておいたのです。
あじさいはコテあて作業で疲れ果て、しばし放置しております。その間にこちらが完成。
ちょっとシックなモーブピンク系の薔薇になりました。好きな色です。

じつはまだピンをつけておりませんが、どなたかの胸に飾っていただけたら素敵だなあと想像しております。
黒い服によく似合いそうな気がします。



[PR]
# by vitablommor | 2017-02-02 16:15 | コサージュ | Comments(0)

休み休みやってます

仕事はじめ、の生地を書いたのはいつだったか。。。
切って切ってきりまくった紫陽花の花びら、ようやく染めました。
a0213793_14482889.jpg
手前が渋色チーム、奥が淡色チーム
2つ分の予定ですが、明らかに渋色チームの方がメンバー多いな。。。
ま、足りなくなったらまた切ってまた染めます。

このあと、一枚ずつ(は面倒なので2~3枚重ねて)コテあてして、一個一個に花芯を入れてボンドで固定、数個単位で小さな束を作り、それぞれの茎を布で巻いてボンドで固定・・・などなどの工程を経て作品に仕上がる予定です。
・・・どれもこれも根気仕事です。この飽き性の私がよくこんなこと何年も続けてるなあ。。。

出来上がりはまだまだ先ですが(飽き性なので他のことも並行してやってるので)、出来上がったらお披露目させていただきますね。


一応手仕事もしてるよアピールを、そろそろしとこっかなって思って。
誰に対してだよ、って感じですけど。



卒業式・入学式用のコサージュオーダー、1月31日をもってストップさせていただきます。
ご用命くださる方は1月31日までにコメント欄から鍵コメでご連絡くださいませ。



[PR]
# by vitablommor | 2017-01-27 15:01 | コサージュ | Comments(0)

放ったものが還ってくる

TSUTAYAで本を買ったら、レジでレンタルCD全品半額クーポンが出たので、週末はCDを借りてみました。

友達が「すっごくよかった」と言ってた槙原敬之のニューアルバム
マッキー、特別ファンではないけれど、いい曲が多いし、何気なく聞いていても歌詞にハッとすることがありますよね。
今回のアルバム収録曲の中にもいくつかそういう曲がありました。
10曲目の『信じようが信じまいが』という曲は、ネットで匿名で誹謗中傷を書き込む人たちについて書いた歌で

匿名のマスクを被ったら
わからないって思ってるだろ
でも君が何を思い何をしたか
宇宙に全部刻まれてる
誰かを言葉で傷つけたなら
同じ言葉で傷つけられる
その日が必ずやってくる

というサビのフレーズが印象的でした。
「宇宙に全部刻まれてる」のかー。なるほどね。

私が年を取ったせいかもしれないし、『因果応報』なんて言葉が昔からあるくらいだから、もともとそういう考え方は日本人(に限らずかな?)の心に浸透しているものなのかもしれないけれど、最近殊に「自分が放ったものが、自分に還ってくる」と感じますし、そういうことを言っている人がいろんなジャンルにここ数年で激増したような気がします。

「悪意には悪意が」「愛には愛が」還ってくる。

どうせなら愛の循環の中にいたいものです。
a0213793_10052327.jpg
素敵なアルバムでした。



[PR]
# by vitablommor | 2017-01-24 10:16 | 本・CD・DVD | Comments(0)

この世界の片隅に

以前こちらで宣言したとおり、今週は映画『この世界の片隅に』を観に行きました。
a0213793_08445688.jpg
ポスターに蛍光灯の光が入らない角度から撮ったのですが、そのせいでちょっと平衡感覚がおかしくなりそうな角度の画像になってしまった。すみません。なんとなく見てください。

以前も書いた通り、この作品は原作まんがを読んでいたので、最初、映画は観なくてもいいかな~と思っていたんです。
大画面で見たいような派手さのある物語でもなく、淡々としているので、アニメ化なんかしなくても・・という感覚もありましたし。
でも、実際観てみたら、アニメで、それも映画館で観てよかったと思いました。

絵もストーリーも原作に忠実なのですが、アニメでしかできない表現もあり、原作の世界が一層のリアル感と迫力を持って迫ってきました。とてもすばらしかったです。音楽もよかった。

戦争のお話ではありますが、そんなに悲惨な残酷なシーンは出てきませんので、戦争映画は苦手、という方も安心して観ていただけると思います。(私も『火垂るの墓』がいまだにちゃんと見れないんですよね。辛くて・・)
涙があふれるシーンもありましたが、どのシーンで泣くかは人によって違うような気がします。もしかしたら上映中に泣いちゃうことはないかもしれない。
むしろ観終わった後に、いつまでも余韻が残ります。じわじわと、理由のわからない涙がでてきたり。。。

これは、映画館で観た方がいい映画だと思います。おすすめです。


映画に出てくる広島の街並みは、監督と映画スタッフが文献資料を当たるとともに実際に広島を訪ね、その当時そこで暮らしていた人たちに話を聞いて、建物の色や質感まで細かく再現したものだそうです。すずさんが嫁ぎ先の家の畑から呉の軍港を眺めるシーンに至っては、日を特定し、その日の天候まで調べたうえで描いたのだとか。
ものすごい情熱をもって、丁寧に丁寧に作り上げられた作品だからこそ、ほとんど宣伝もなく、単館上映からはじまったものが、口コミでの大評判を呼び、全国への拡大につながったのかもしれません。


情熱と、丁寧な仕事。
映画の感想とはずれますが、ちょっと考えさせられるものがありますね。
どういう思いで作ったものかは、なぜだか受け取り手に伝わるんだよなあ。。。
不思議だなあと思うと同時に、一方で当たり前のような気もします。



[PR]
# by vitablommor | 2017-01-20 09:25 | 映画 | Comments(0)

藤枝のおいしい旅

仲良くしていただいている『はりがね堂』トチオサヤカさんが女将を務めておられる藤枝のイタリア料理店『スプーンフル』さんが、1月28日をもってしばらく休業されるというお知らせを受け、休業前に是非またあの美味しい料理を食べたいよう、と、友達を誘って行ってきました。
a0213793_10154816.jpg
予約していったので、席で「ごよやくちゃん」が待っていてくれました♡

思えば最初にスプーンフルさんに来た時も、こんな感じのかわいいはりがねがいっぱい飾ってあって、それらに一目ぼれした私が、この方の作品素敵ー!欲しーい!作品展を見てみたーい!藤枝遠いから近くで見たーい!と、普段「私人見知りで」とか言ってるのにその時はウソみたいに積極性を発揮して、ぐいぐいじわじわとサヤカさんにがぶり寄っていったのだったわ・・・と思い出してしみじみしました。
いや~、積極性って大事だな。ていうかいつの間にか私そんなに人見知りじゃないな。

注文したのはウニのスパゲティと4種のチーズピザ(生のりトッピングとゆずはちみつトッピングのハーフ&ハーフ)、なのですが、例によって「わ~、おいしそう!」「うっわ、おいしー!!」とあっという間に平らげちゃったので、食べ物の写真はありません。
食後のコーヒーも好みの味で美味しくて、すっかり満足。


藤枝には、最近お茶のアイスクリームで大人気の『ななや』さんの本店があり、スプーンフルさんからだと車ですぐ、ということで、ななやさんのアイスクリームも食べてきました。
a0213793_10160537.jpg
抹茶のNo.6、玄米茶、ほうじ茶のアイスをシェアしつつ食べ比べ。
どれもすごく美味しかったのですが、個人的には抹茶よりも後味さわやかな玄米茶とほうじ茶が好みでした。あ、食べ物の写真はありません。すぐ食べたので^^;


うちから藤枝までは車で1時間半くらいで、以前は「遠い~!」と思っていましたが、何回か行って心理的距離が近くなってくると、案外ひょいっと行けるものですね。
今度また行きます。スプーンフルさんが再開したら。
季節が変わっているから、きっとランチメニューも変わっているはず。
楽しみです。





[PR]
# by vitablommor | 2017-01-17 10:48 | おでかけ | Comments(2)

コサージュや布雑貨の製作、販売をしています。 


by vitablommor