<   2016年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

秋はイベントシーズンですね。

先日、Weekend Booksさんで開催中の『コトコトの森』に伺ってきました。
児玉彩さんのフェルトの動物たちが、一葉さんの森で遊んでいます。
a0213793_08235797.jpg
小さくて見えづらいかな?森の中の動物たち、さがしてみてください。

森も動物も本当に素晴らしい完成度でした。
動物たちは爪の先や肉球までリアルに作りこまれているし、森は森で雑草(という草はないんだそうだが)まで生えていて自然そのもの。この2つが寄り添うことで、お互いがお互いをいっそう生き生きとしたものにしていました。

私が行ったのは開催3日目で、大半の動物たちに新しいお家が決まった後でしたが(それでも展示会終了までは会場にいてくれるみたいです)、どうやら追加で可愛い子たちがまた参加している模様です。
11月1日までだそうです。ぜひ。



もうひとつ、昨日から始まったamayadoriさんでの展示「秋を彩る」 にも行ってきました。
a0213793_11591440.jpg
ちょこっとライト、すごく素敵でした。
こちらの作品のかさの部分はガラスの漏斗、台は確か時計の部品?だったかな?
他にもかさ部分が昔のミシンの油さしだったり、台が分銅だったり、いろんなライトがありました。
ああ、家に飾る場所があったなら・・・!

ライトと同時に月日工藝さんのアクセサリーも展示販売されています。
月日工藝さん、以前は静岡手創り市でお見かけしていたのですが、最近は出展されてなくて残念に思っていたので、amayadoriさんで見ることができてとっても嬉しかったです。
華奢で繊細なものが多い中、唯一あったごつめで大振りなピアスを購入させていただきました。
華奢なものが(好きだけど)似合わない、という悲しい事実に気がついて以降、自分に似合うシンプルながら大振りなアクセサリーを選ぶようにしているのですが、だんだん大きさに対する免疫が出来過ぎて、『派手好きおばさん』そのものになって行ってる気もします。
あ、でも買ったピアスは本当に素敵なんですよ。打ち込みがしてあって、それが、なんだか月みたいなんです。
a0213793_12142818.jpg
こちらの展示会は11月6日までだそうです。
移転されたamayadoriさん自体もとてもとても素敵なので、この機会にぜひ。
ただこちら、場所がちょっとわかりにくくて、カーナビは途中で終了しがち^^;バイパスから南下していくよりも、海岸沿い(松林沿い)の道から行った方が迷わないかもしれません。沼津方面から行かれる方は西友の2つ先の信号手前を右折(富士方面からなら図書印刷の1つ先の信号のすぐ先を左折)して細い道に入れば道沿い左側にあります。私は曲がり口の道が細かったので最初道があると気付かず「えーっ!信号あるけど曲がるべき道がないよ?!」って思って一度通り過ぎちゃいました。ご参考までに。






[PR]
by vitablommor | 2016-10-29 12:31 | おでかけ | Comments(0)

読みもの

しばらく封印していた本ネタです。

最近愛読しているコミックエッセイこちら

ひとりぐらしもプロの域。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

カマタミワ/KADOKAWA

30代独身イラストレーター(漫画家)、一人暮らし歴18年のカマタミワさんによる、一人暮らしあるある漫画。

私は一人暮らしではありませんが、大学進学から結婚するまで10年間一人暮らしをしていましたので、もう「あるあるが溢れて止まらない」(←帯の言葉)のです。
一人暮らしならではの楽しみ、そして一人でなんとかするしかない「体調が悪い時」や「G(あの黒いやつ。台所に出るやつ)との戦いの記録」など、あああああ、わかるぅぅぅ!の連続。

失敗談も赤裸々に描かれていてかなり笑えるのですが、一人暮らし初心者が陥りやすい(と思われる)栄養管理と金銭管理の失敗談と、そこを反省しての乗り切り方(ザツな人でもできる料理や節約テクなど)を見ると、この方はかなり論理的で頭のいい方なんだろうな~と思います。

ちなみにこれから一人暮らしを経験するであろう(進学とかね)コドモに読ませたら、「この人を見習って一人暮らししたら家計簿はちゃんとつけよう」って言ってました。意外な効能!
そして私はこのマンガで、食パンを5分以上レンジにかけるとえらいことになる、と知りました。電磁波おそるべし。

一人暮らし経験者の方には特に、ですが、一人暮らしをしたことのない方にもおすすめです。声出して笑っちゃうくらい面白いので、きっと体にもいい漫画です。(NK細胞活性化)




笑えると言えば、ほぼ日のコンテンツ「秋の連ドラチェック」も声出して笑っちゃうくらい面白い
タイトル通りこの秋スタートの連ドラについての対談(ほぼ雑談)なんだけど、ピカチュウをコロ助と言っちゃう「あやや」さんの暴走トークが面白くてたまりません。
最近あんまりドラマ観ないんだけど、これ読んでると観たくなります。
ちなみに『逃げるは恥だが役に立つ』は観てます。源ちゃ~ん♪




[PR]
by vitablommor | 2016-10-27 09:01 | 本・CD・DVD | Comments(0)

キャスケット祭り

近所の某産婦人科クリニックに、婦人科の健康診断に行ってきました(その他の健康診断は別枠でやるの)。
受付から検診終了まで20分。私が問診票書いてる時間まで含めて20分。早い。早すぎる。素晴らしい。
ここ、いつもものすごく客の回転が(言葉選びが不適切なのはわかっています)早いんです。先生のテキパキっぷりは今年も健在でした。
インフルエンザの予防接種も私はここ数年ここで受けています。普通の内科だと待ち時間が結構あるのだけど、ここだと10分かからない!素晴らしい!!でも看護師さん注射下手!めちゃくちゃ痛い!最初の年は痛さにびっくりして声が出そうでした。でも早く終わるし1年経ったら上達しているはず、と思って翌年行ったらやっぱり痛かった。でも私は今年も行く。頼む、上達しててくれ。(婦人科ですが予防接種は男性もOKなのですが、うちの家族は「痛いの嫌だ」と言って別の病院に行きます)


それはさておき

帽子爆縫い期間、続いております。
今期は特にベレーとキャスケットが縫いたいわけです。
ハットも、気になる形はあるけれど、ここ数年大流行(から、もはや定番化の兆し?)の中折れハットじゃなくて、もっと違う形のやつがいいんだ~、と模索中。とはいえ中折れハットもブリム(つば)の長い短い、クラウン部分の高さの差など、ちょっと変化があるともう全く雰囲気が違う形になるので、こちらも研究の余地が大いにありそうです。

最近製作したキャスケット soraさんに納品させていただきました。
a0213793_10240425.jpg
こちらの写真は最後の仕上げのサイズテープをつける前なので、まだ糸が出てます^^;

素材はコットンのフランネルです。サイズはL。画像の帽子の他に、前記事で載せたベレー(Mサイズ)とココア色のキャスケット(Mサイズ)も納品させていただきました。
soraさんのインスタグラム↓
にご紹介いただいています。
よかったらお店で手に取ってお試しください。
わりと深さのあるキャスケットなので、耳まで覆うように真っ直ぐかぶってみたり、後ろのほうをくしゃっとつぶして前を上げる感じで少し浅くかぶってみたり、色々なかぶりかたを試していただけると自分のお顔にしっくりくる角度があると思います。ぜひぜひ!


こちらはオーダーいただいて作ったキャスケット
a0213793_10241640.jpg
こちらの生地はリネンですが、洗いこんでふっくらした風合いと自然なしわがいい味を出しています。この布好きだなあ♡


今週に入って急に秋が深まってきましたね。
ストールや上着の準備とともに、秋冬の防寒+おしゃれアイテムとして帽子もご検討くださいね。





[PR]
by vitablommor | 2016-10-26 10:33 | 帽子 | Comments(0)

秋の帽子祭り

先日キャスケットをオーダーいただいたのをきっかけに、秋の帽子爆縫い祭りが始まりました(個人的に)。
教室以外で帽子を縫うのは久しぶり!
そういえば帽子教室では、布帽子に関しては製図以外のことは別に大丈夫、縫うのは慣れてるし、と思っておりましたが、ブリム布を伸ばさないアイロンのかけ方、6枚接ぎで天がピシッと合うように縫うためのコツなど、小さいけれど大事なことを色々教わり、「私は(縫製に関しては)慣れている」という考えが大変驕ったものであったと大反省。本当に毎回学びがあり、有意義な授業でした。

おかげさまで天がピシッと合ったベレーが縫えるようになりました。わーい♪
a0213793_08535914.jpg
綺麗なブルー。素材はコットンフランネルです。

今までももちろん気をつけてはいたけれど、なかなかうまくできなくて何度もほどいては縫い直したりと苦戦していたので、小さなコツひとつでサクッとピシっとできるようになったのは本当に嬉しい限りです。先生ありがとう!

先日の手創り市でもベレーをかぶった人を沢山見かけて、私もベレーかぶりたいなあ・・でもあんまり似合わなくなっちゃったんだよなあ(年齢的に)、と思っていたら、同い年の友達も同じことを言ってて、これは「大人でも似合うベレー」を作らなくては!と、俄然ベレー熱が上がっているところです。
こちらはホイップクリームを絞ったみたいに縫い線がキュッとカーブを描いた形のベレーで、6角形の角がでるようになっているため、かぶった時に普通のバスクベレーに比べて立体感が出て、個人的にはかぶりやすいカタチだと思っています。

大人でも似合うベレー・・・と先に書きましたが、似合うベレーの形は、年齢と言うより顔型によるようです。
丸顔や卵型の顔型の人には一般的なベレー(バスクベレー)が似合うのですが、四角顔やベース型の顔だとバスクタイプよりももう少し高さやボリュームがあって、形のしっかりしたものが似合うのだそう。逆に顎の細い▽顔さんや面長さんにはニットやファーを使ったようなやわらかいものが合うそうです。

なのでこの形のベレーは、顎まわりがしっかりした顔型の人に、より似合うのかもしれませんね。

このほかにも色々作っているので、写真が撮れたらまたアップします。



それにしてもゆうべから首が痛い・・・おととい冷蔵庫の扉があいているのに気付かず立ち上がってしこたま頭を打ったから(冷蔵庫がが揺れるくらいの勢いで><)、その時首を痛めたのかも。。。
日常生活での事故って侮れないです。気をつけましょう。




[PR]
by vitablommor | 2016-10-20 09:25 | 帽子 | Comments(0)

アートなカレンダー

この時期になると毎年、来年の手帳とカレンダーで悩みます。

最近はスマホのカレンダーをスケジュール帳代わりにしているので、手帳はもう要らないような気もするのですが、それでも「もういらない」ってスパッと決めてしまえない。どうしてだかは自分でも謎です。
基本的に書くことがすきだからかな?だったらもうスケジュール機能は捨てて、メモ帳だけでいいのかも?

カレンダーは自分と家族のスケジュールを書き込むので、数字のところに書き込みスペースがないとNGです。そして目が悪いので数字は大きくてはっきりしていてほしい。
そうは言ってもちょっとおしゃれ感も欲しい。機能面では満点の超シンプルな数字と枠だけのものは、なんだか味気なく感じてしまいますし、月が替わった時に新鮮味がないのも残念。
そして冷蔵庫の扉にマグネットで貼るので(風水的によくないのは知ってますが、ここが一番便利なの)、大きさも制限があります。
こんな私の要求にマッチするカレンダー、探すとなかなか見つかりません。それで毎年探し回った挙句に、結局は毎年暮れにガス屋さんが配ってくれるものを使っていたりします(これがお洒落さ以外の点で、満点評価)。

カレンダーに関してはなにかと注文の多い私ですが、今年は既に1つお気に入りを購入しました。

A.P.J. 2017年 アーブル美術館カレンダー(額縁付き壁掛け) No.105 1000080166

アートプリントジャパン

アーブルの画集を買おうかと迷っていて見つけたカレンダー。表紙に額縁がついているところがツボ。

数字は小さいし書き込みスペースもないので、私が求めるカレンダーとしての機能はほとんど満たしていないのですが、とにかくかわいい~♪と気に入ってしまいました。
アートとして楽しもうと思っています。
a0213793_09192527.jpg
年内はビニールに入れたままで、壁に貼ってます。

スケジュール管理機能は、結局ガス屋さんのカレンダーに頼ることになるのかな?
何かおすすめのカレンダーがあれば教えていただきたいです。




[PR]
by vitablommor | 2016-10-12 09:32 | ひとりごと・日常 | Comments(0)

今秋も手創り市♪

もはや恒例となった静岡手創り市へのおでかけ。
秋・春・秋・春・秋・春・秋・春、、、今年は夏のvillageにも行ったなあ。

今まで一度たりとも雨に降られたことが無かったのですが、今秋は初めて大雨に降られました。
土曜日の朝イチから行って、最初は小降りだったのですが、10時前くらいにどどどーっという音とともに大粒の雨が。
そしてあっという間に会場の一部が田んぼ状態(泣)
若干、心折れそうになりながらも、隅々までお店を見て回り、今回もお気に入りを色々お迎えすることができました。
a0213793_08595447.jpg
木彫りにプラスチックパールを組み合わせたkitonaさんのピアス(片耳)、直径3cmくらいあってすごく大きくて存在感がありますが、軽くてつけやすいです。
昨秋に初めて出会って以来大ファンのkanakanaさんのビーズブローチ。モチーフはお天気にふさわしく『水たまり』です。
nicoriさんのアロマポットは爽やかな香りのものをチョイス。
ぐいのみと片口は、今回の手創り市の企画『酒器と日本酒。』にて、それぞれ別の作家さん(片口⇒寺島綾子さん、ぐいのみ⇒近藤康弘さん)の物。

買わなかったけど、可愛かったものたちはほかにも色々・・

a0213793_09084981.jpg
『雪ガラス』さんのライト。これ、電池式だったらなあ・・・。コードが必要なものだとうちには置く場所がなくて、とても残念でした。記念に写真だけパチリ。

a0213793_09083426.jpg
上絵屋、齋藤知さんの陶器。カップのフチ子がいるぞ・・・と気になって激写。唐子ちゃんというんだそうで、他にも箸置きになっていたり、絵柄として描かれていたりとあちこちに登場していました。印象的な赤を使った絵付けの食器、とてもかわいらしかったけれど、うちの食器棚には合わないな~と断念しました。


今年は天候に恵まれず、お客さんもいつもより少なめでした。雨の中足元を気にしながら歩くのは大変だったけれど、おかげでいつもなら大行列のキャトルエピスさんのクレープが並ばずに買えたりといったラッキーもありました♪

この秋も満足の手創り市でした。

そして長靴の必要性を再認識した一日でした。ゴム長っぽくないかわいい長靴欲しい!






[PR]
by vitablommor | 2016-10-11 09:32 | おでかけ | Comments(0)
5万円の服を着るより
3キロやせた方がすてきになるよ

・・・ってポソッと書かれた、インスタグラムの投稿を偶然見つけました。


ぐうの音もでないとはこのこと。





「スポーツ大好きなんです!」って言ってる人を見ると、
この人は学生時代に日の当たる場所で生きてきたんだろうな・・・って思う

ホント、学生時代って運動できないと晒し者ですから。
授業も終わりがけの頃にみんなの声援を浴びながら一人鉄棒と向き合うとか、処刑かよ?!
「ガンバレ~」とかやめて。頑張ってもできないことってあるの。頑張っても微分積分とかわかんね~って思ったことあるでしょ?一緒ですよ!!!

大人になってよかったことは、体育がもうないってことだな~・・・





先日三島に初出店したスタバが、どえらいこと(混雑)になっているらしい
我々に鳥取県民を嗤う資格などなかったことがはっきりしたよ

そういう私も富士にイオンモールが出来たときはプレオープン初日の朝から行った(当時は富士に住んでいました)。
当然スタバに浮かれ集う人々を嗤う資格は私にはないです。わかってます。





安藤サクラさんとか、カズレーザーさんとか、栗原類さんとかのような
ちょっとだけ世間水準と中心軸の位置が違っているような人が気になります

好き、と言いかえてもいい。




a0213793_09322372.jpg
写真と文章は無関係です。


[PR]
by vitablommor | 2016-10-05 09:38 | ひとりごと・日常 | Comments(2)

10月

10月になってしまった。
時が飛ぶように過ぎていきます。
最近は雨続きでいやになっちゃいますが、その分涼しくもあり、ようやく秋冬の服や布を考えられるようになってきました。
先日、セールで買った布たちもシックなモノトーンが秋冬にぴったりです。
服にする予定の物と、帽子にする予定の物。しかし水通ししたいのに連日天気が悪いわけですよ。もうがっかり。
a0213793_08421321.jpg
雑誌などを見ていますと、今はマリン風のキャスケットが流行っているみたいなのですが、今の私はちょっと昔風の(見方によっては少々やぼったい感じの)キャスケットやベレーが気分です。
帽子教室に通った甲斐あって(!やっと!)基本的な帽子のパターンの作り方がわかってきたので、この秋はオリジナルパターンの帽子にも挑戦するつもりです。

そうそう、帽子教室は初級の1年間(2期)が先日終了を迎えました。昨秋から受講したので、フェルト帽体、ブレード、夏帽体、布、の4種類の帽子の作り方について、一通り経験することができました。
1年を終えて思ったことは、「やっぱり帽子の木型欲しい!」です。
・・・もし資源ごみの日に出してあるのを見かけた方はぜひご一報下さい!

そして、また来月からも、続けて通うことにしました帽子教室。次は上級クラスに進み、カクテルハット(プレート型)の作り方を習ってきます。これまた楽しみです。



[PR]
by vitablommor | 2016-10-03 09:05 | ひとりごと・日常 | Comments(6)

コサージュや布雑貨の製作、販売をしています。 


by vitablommor