カテゴリ:ひとりごと・日常( 225 )

近況

皮膚科の手術、抜糸後の経過も良好で、傷跡も目立たなくなってきました。私の通っている皮膚科の先生、多分こういう手術が上手なんだと思われます。ありがたや~。
組織検査の結果も出ました。悪性のものではなく、一安心。
もう皮膚の引き攣れ感もほとんどなく、お風呂もせいせい入れるし、あーやれやれです。


携帯の機種変更もしました。
バックアップからの復元も、ネットの情報を見ながらなんとかやれたよ。デジタル怖い!しかしネットありがたい!この矛盾^^;
データ復元のためにはiPhoneを一旦完全初期化しなければならくて、それがちょっと怖かった~。

でも、作業自体は予想外に簡単なものでした。ホントに色々簡単にしてくれてあるんだよね、実は。でもいろんなことがちゃんと全部わかってないままで作業を進めるというのが、素人(しかもnot若者)には怖くて。警戒心から何事にも腰が重くなってしまいます。
若い人は何でも恐れ知らずでどんどんやるから早いよね~。そういうところが大人は見ててハラハラするんだけどね~^^;

色んなパスワードとかIDとか、いちいち忘れてるから、ええ?これのIDって何だっけ???から始まるし、パスワード、暗証番号・・・何だっけ~???何回まで間違えて平気?・・・ドキドキが止まりません。そして、いったん覚えたこの一連のデータ移行のやり方も、きっとすぐ忘れるのでまた次の機種変で大騒ぎですよ。ふっ(´Д`|||)


本日より12月ですね。本当にあっという間。できることなら10月あたまくらいに戻りたい今年。


自分と家族の健康を守りつつ、今年最後の月を乗り切っていきましょう。




[PR]
by vitablommor | 2017-12-01 10:00 | ひとりごと・日常 | Comments(0)

デジタル怖い

本日2記事目です。よかったら前の記事も読んでみてくださいね。


私、iphoneユーザーなのですが、iphoneのことは特によくわかっておりません。
周りにiphoneユーザーが多かったことと、当時のiphone5sのデザインが好きだったこと、さらにその頃iphone6が発売されており、5sなら実質0円で買えたことから、初めてのスマホをiphoneにしたのです。

その頃は知らなかった。iphoneに関しては各キャリアともサポートレスだということを。
機種変更の際のデータ移行はすべて自力でやらねばならないことを。
さらに言うならiphoneにはSDカードが入らないってことも知らなかった。バックアップはitunesかicloudにするんだそうだ。
AppleIDって何?PINコードって何?ああああ~~~~、あれもこれも一体何~~~~??????と、数日は混乱のあまりiphoneを選択したことを後悔したほどでした。(家族はアンドロイドユーザーなので、何も教えてもらえない)

これね、40代の私でこうですよ。60代以降になって初めてスマホが世の中に台頭してきたっていう世代にとっては、恐怖以外の何ものでもないのでは???
だけど世の中いろんなものをネットでやるのが当然って感じに動いているしね、大変だよね。
20代の頃、パソコンのマウスを持ち上げて画面に当てようとしてたたオジサンを嗤ってすみませんでした。って思う今日この頃。


そんな感じの私なので、ホームボタンが時々不調になっても、バッテリーの減りが早くなっても、LINEきてますよ~の通知がなぜかされなくなっても、なかなか機種変更する気になれませんでした。
が、もうそろそろ覚悟を決めます。
「最新のOSにアップデートできます」って通知がわざわざきてるのに、アップグデートしようとしたら「お使いのOSは最新です」って、、、やっぱりおかしいよね?
頑張ってバックアップも取りました。
いざ、機種変更!

そんなわけで、このさきもし、なぜか連絡とれないな~?って思ったら、私が機種変更してデータ移行にもたついているのだとお思い下さい。

それにしてもパスワードって忘れがちですよね・・・



[PR]
by vitablommor | 2017-11-27 10:12 | ひとりごと・日常 | Comments(2)

皮膚繊維腫

生まれて初めて、手術の同意書なるものを書きました。
a0213793_09530079.jpg
今年の春ごろから、左の肘あたりにぽこっとイボのようなものができ始め、気になって触ったりしていたせいもあってかどんどん大きくなってきて、見た目的にかなり気になるようになっていました。
とはいえ最近は夏でも肘下まである服を着ることも多く、また肘って自分ではあまり見ないところなので、若干気にはなりつつも放置。
年とると色々なできものとかイボとか増えるのかな~?くらいの認識で。

それが先月になって、気が付いたらなんだかまた大きくなってる?! しかも肘掛けに腕を置いた時ちょうど当たって痛い!という事態になり、いよいよ放っておけなくなって、仕方なく病院に行きました。

先生は一瞥するなり「ああ、繊維腫ね」と一言。
センイシュ?「腫」の部分気になるなあと思って聞いたら「皮膚にできる腫瘍です」と仰る。
「多分良性の物なので放っておいても問題はないけど、気になるなら切ります。薬で治すようなものじゃないので、切るか放置かどっちか」。
正直、飲み薬や塗り薬でなんとかなるのかと思っていたのでがっかりでしたが、「それなら切っちゃってください」と即断しました。
その時は、その場でサクサクっと切ってもらえるのかと思っていたら、一応ちゃんと手術なので、予約になるということで、切るまでに1か月かかりました。

1か月待つ間に、意外にも腫瘍はだんだん小さくなっていき、なんと手術当日には最初に受診したときの半分以下になっていたのですが、このまま放っておいてもゼロにはなりませんよと言うことだったので、予定通り切ってもらいました。
また大きくなってきてもう一回受診から始めることになったら面倒だし、友人に、同じように「良性のものだから放っておいてもいいよ」と言われたおできを切ったら組織検査の結果悪性の腫瘍だったことが判明して再手術になった人がいたことも理由のひとつ。「多分良性」とはいえ、多分は絶対じゃない、ってどうしても考えてしまうので、検査をしてほしかったんですよね。


手術自体は簡単なもので、麻酔~切除~縫合まで10分くらいで、痛みもほとんどなく、あっという間に終了しました。
親知らず(斜めに生えていた)をペンチで砕きながら抜いてもらった時の方がよっぽど大手術でしたが、その時は同意書なんて書かなかったな~。
あと数日で抜糸予定。切除した部分は組織検査に出してもらっていて、そのうち結果がでます。

でね、気になったので色々調べたりしたのですが、皮膚繊維腫って虫刺されなどがきっかけとなってできたりするんだそうです。しかもその中身?ってコラーゲンの塊なんですって。
顔も手もガッサガサだっていうのに、そんなところにコラーゲン無駄遣いしないでほしいよ。って思ったって言う、それを言いたいがための今日の記事でした。



[PR]
by vitablommor | 2017-11-21 09:59 | ひとりごと・日常 | Comments(2)

今日はエッセイまんがで

昨日、ふと思ったことを落書きですが漫画風にまとめてみました。
エッセイマンガブログっぽく

a0213793_09270479.jpg
a0213793_09270700.jpg
a0213793_09270947.jpg
a0213793_09271203.jpg
a0213793_09271599.jpg
a0213793_09271838.jpg
って思ったんですけどね。
今に不満があるからこそ、向上心が生まれたりもするわけで。
<理想の自分ー今の自分=足りないもの> 
足りないものがわかればそこからどうしたらいいかが見えてくることもある。

でもまあ、本に関しては「前の方が」「前の方が」って言うのはやめとこうって思ったんです。そこは比べても仕方ないことだからね。



今日は立冬だそうです。



[PR]
by vitablommor | 2017-11-07 09:37 | ひとりごと・日常 | Comments(4)

台風接近の日曜日

台風21号が接近する中、お友達が自宅に来てくれて、布花作る会をしました。

布花、半年以上触れていなかったので、染色での色の出し方とか大丈夫かな?とちょっとドキドキしたけど何とかなりました。
色々なワークショップでの布花製作経験のある方達だったので、私が細かく色々指示をしたり手を出す必要もなくラクちんで、お喋りしながら手を動かす時間は楽しかったです。
出来上がった布花もかわいくて、満足してもらえたようでよかった。

布花製作、私はちゃんと誰かに教わったこともないので自己流もいいとこだし、布花やその材料に関してもあまり知識もないのですが、そういうラフな感じも気楽でいいよ~と言ってもらえて嬉しかった。
こんな感じのワークショップならまたやってみたいな~と思わせてもらいました。

ワークショップ参加条件「いろいろ雑でも気にしない方」(笑)
やってみたい人いるかな?



それはそうと日曜日は選挙の日でもあったわけですが、
今回の投票率の異常な低さにびっくりしました。
大人として、投票は権利であると同時に責任であると思うのですが。
もう、ちょっとびっくりです。



[PR]
by vitablommor | 2017-10-23 09:22 | ひとりごと・日常 | Comments(0)

オリジナルパターン

例えばディズニーの『美女と野獣』なら、有名なイエロードレスよりもベルが村の生活で着ていたエプロンドレスが好き。
『ダウントンアビー』でも、貴族のお嬢様方の衣装よりも使用人たちの制服や休日着が好き。
『麗しのサブリナ』や『パリの恋人』でも、オードリーがジバンシイの華麗な衣装でぐっと垢抜ける前の、地味なジャンパースカートの方が好きです。

根っからの庶民気質?

お姫様みたいなドレスは、それはもちろん素敵だけれど、今の私の普通の生活とかけ離れすぎていてちょっとよくわからない感じなんだよなあ。
あのデザインにときめかない。いや、ときめくんだけれども。
実際にお店に並んでいたとしても、それを私が着たら、ドレスアップ以前に仮装になっちゃうでしょ?ということがもう身に沁みてわかるから、ついつい日常的に街で着られる形に近いものに目が行くんだと思います。

それは帽子に関しても同じで、古い時代を描いた映画なんか観ていても、貴夫人の美しい帽子よりも、労働者階級の男の人がかぶっている帽子に目が行きます(庶民の女性はあんまり帽子かぶってない印象)。
特に長年にわたって気になっているのが、靴磨きや新聞配達などで働く少年の帽子。クラウン部分が大きくふっくらとした丸いキャスケットなんだけれど、前つばのところで縫い合わさっているっぽいからハンチングの一種かもしれない。
この形の帽子は、大正~昭和初期の日本を描いたドラマでもよく男性がかぶっています(『マッサン』や『ごちそうさん』など朝ドラでもおなじみ。今期の『わろてんか』でも鈴木福くんが似た感じのものをかぶっていますね)。

これ、かわいいなあ・・・ってずっとずっと気になっていました。
これが作れるようになりたくて帽子教室に行ったと言っても過言ではないかも???
実際、帽子教室ではこの形に関して先生の指南を受けられる時間はなかったんですが、授業で教わった基本のノウハウと教科書と、何度かの試行錯誤で、思い描いた形のキャスケットを作ることができました。嬉しい!
初めてのblanca*オリジナルキャスケットです。
a0213793_14500239.jpg

本来ならつばとクラウン本体は縫い合わせた方が『らしい』のですが、これ、クラウンを横や後ろに倒しても違う表情がでて楽しいので、あえて縫い合わせずそのままにしました。

なぜあえてそうしたかっていうと、先述したとおり新聞配達少年の帽子を目指して試行錯誤の末に作ったのですが、こういう形の帽子、そのものずばり『ニュースボーイキャップ』と言うらしく、それってクラウン8枚接ぎなんですって(昨日検索して知りました。しかも現行の商品が結構あってびっくりした)。
私6枚接ぎで作っちゃったよΣ(ー▽ー;

6枚接ぎで作ろうと思ったのは、8枚接ぎよりカジュアル度が低くなる感じがしたからなんですよね。自分の中のイメージなんですが、接ぎの数が多いほどカジュアルになる感じがするのです。

カジュアル ← - ー ー - - ー ー ー ー → ドレッシー
10枚接ぎ  8枚接ぎ  6枚接ぎ  4枚接ぎ  接ぎなし(型入れ成形)

基本、女性(自分)がかぶることを想定しながら作るので、あんまりカジュアルすぎるものだと似合わないかなあ、と、少し女性らしいイメージにしたくて6枚接ぎにしたのです。
だったらもう、女性のためのキャスケットってことで、ニュースボーイから離れてもいいかな、と。そもそも6枚接ぎで作った時点で違っちゃってるしね~^^;
というわけで、つばとクラウンはあえて縫い合わせずに形を自由に遊べるようにしました。女性は自由が好きでしょ?(笑)ってことで。はい。

ちなみにクラウンを後ろに倒すとこんな感じになります↓
a0213793_14495803.jpg

この形、『Fio(フィオ)』と名づけました。自由にいきいきと街に生きる女の子のイメージです。

ブリムをつけずにベレーにしても可愛かったので、ベレーとキャスケットの2種類展開でこの秋いろんな生地で作る予定です。
a0213793_14500694.jpg
クラウンをいろんな方向に倒すことで表情が変わり、どなたにも似合うと思うので、ぜひお試しいただけると嬉しいです。





[PR]
by vitablommor | 2017-10-06 15:07 | ひとりごと・日常 | Comments(0)

テレビ見ながらつぶやき系

お久しぶりのつぶやきネタです。お暇な方はどうぞ。


安室ちゃん引退より、『久保みねヒャダこじらせナイト』終了の方が断然ショック。
3人のこじらせっぷりと一方での真っ当さが本当に好きで、体育への恨みつらみ川柳も大好きでした。
パフィーやMAX、野宮真紀やベッキーも歌ったこじらせソングの即興の面白さ。
ずっと見ていたかったのに。。。残念。
『こじらせライブ』に一緒に行ってくれる人募集。


『ひよっこ』も大団円を迎えるまであと数日。みねこの恋人ヒデは役柄も実際も沼津出身。終盤にいいキャラぶりを発揮していたヤスハルは古館伊知朗さんの息子さんだそうです。ゲンジさん、宗雄さん、松下さん、カズオさん、次郎さん、登場回数の少ない脇を固めるキャラがなんだかんだよかったなあ。和久井映見はいい味だすなあ。シシドカフカ演技上手かったなあ。そして白石加代子の存在感、すごかったなあ。。。


『しくじり先生』も終わってしまいました。寂しい。
『しくじった』本人に授業をさせるってことがすごい発想だなーと思ったし、一回何かやらかして世間に嫌われちゃった有名人も、そこで当時の心境や真相を語ったり反省を口にしたり、立ち直ろうとあがく姿をさらすことで好感度が上がって、誰も損しない感じがいいなと思っていました。なのでこれも残念。


ベッキー事件(?)以降、テレビで不倫を取り上げる時間が飛躍的に増えたんだそうです。
正直、不倫ニュースには前から辟易しているのよ。
そんなもの、当事者同士で説明したり謝ったり大ゲンカしたりやり直したりダメになったりすればいいだけの話じゃないの?
なんで世間様に泣いてお詫びをする必要があるみたいなことになってるの?あ、CMのスポンサー様とか、関係者に謝るのは当然としても。
そもそもベッキーをあれだけ叩いて円楽師匠は謎かけでアハハって変。←超今更だが未だ根に持ってます。そんならベッキーにも謎かけさせてやれよって感じ。
ワイドショーネタとして面白いのはわかるけど、誰が誰のパンツかぶろうがどうでもいい。うちの家族でなければ。



解散総選挙ですって。ちょっと呆れるけど。
私としては『ちゃんと憶えているよ』ってことを投票で示すのみ。
2年前にどれだけ国民の声をガン無視してくれたか、その後の「国民に対する丁寧な説明」がいかに何もなかったか。ちゃんと憶えている。
共謀罪の成立に関しても同じく。色々な疑問点を残したままの強引な成立。ここでも「丁寧な説明をする」って言ったんだ。その後一回も聞いた憶えないけど。
もっと言えば1回目の政権の時も強行採決強行採決を繰り返していたんだっけね。それも憶えている。
学園系の疑惑に関しても何の説明もなし。
政治家の説明責任って何?マスコミも不倫疑惑の時だけそういうこと言ってる気がする。この言葉はむしろもっと別の追及すべき所で使ってほしい。



いつの時代も独裁者は孤独でだれも信用できなくて、終始不安で怖くてたまらないのだろうな~と想像します。
だれか友達になってあげればいいのに。
あと髪型誰か提案してあげたらいいのに。



出川哲郎さんの好感度が最近急上昇しているんだって。
私も以前は「うるさいな~」と思っていたけど、『雨トーーク』での愛のあるいじられ方を見ていたらだんだん面白くなってきた。しかも『出川イングリッシュ』でガンガン行動しているのを見てたらちょっと尊敬の念が湧いてきた。
「うるさいな~」から「好感。あとちょっと尊敬」に転じたもう一人は松岡修造さん。
人(自分も含め)の評価なんて当てにならないよねえ。
この人何が面白いの?って思う人たまにいるけど、ずっと出続けている人は多分、現場の人たちに評価されて愛されているんだろうなと思う。嫌な人っぽく見えたとしても。




[PR]
by vitablommor | 2017-09-27 10:08 | ひとりごと・日常 | Comments(0)

うれしかったこと

ponte de pie!の靴下を買いました。
a0213793_15441640.jpg
それ、なあに?と思われた方の為にちょこっとご説明。こちらは奈良で作られている靴下です。昔の機械で編んであるそうで、土踏まずの所がきゅっとしているこの形が、履いてみるとなんとも心地よいです。
『ほぼ日』でも時々取扱いがあって、私はそれで存在を知りました(ネット社会は色々な「欲しい」を作り出しますよね~。危険危険^^;)。
HPを見ると、よりよい靴下を作りお客様に提供したいという思いがありながらも、(下請けの仕事では)価格競争や個数確保優先で靴下をつくらなければならないという状況にギャップを感じていた2人の女性が、”自分たちが毎日履きたい定番商品をつくる”という思いで立ち上げたブランドだと書いてあります。熱い思いを持って作られている、毎日にそっと寄り添う靴下なのですね。


ponte de pieにはレッグウォーマーや、土踏まずから先がない靴下なんかもあって、自分の分に加え、最近足首が冷えるとこぼしていた友達にもぜひプレゼントしたいなあと思ってHPから注文しました。
友達と会う日までに欲しかったので、「注文品のうち△△はプレゼントにしたいので、できましたら○日までに送ってください」と書き添えて注文。もし商品が揃わなかったら、プレゼント用のものだけでも先に発送してほしい、という気持ちで(しかしそれを明記はしていない。忖度してねという感じのこういうのって日本人にありがちよね。商取引上はこういうのあんまりよくないかもしれませんね)。
あまり大人数でやっているような所じゃなさそうだし、人気だし、時間かかるかな~?間に合うといいな~と思っていましたら、注文した日の午後、電話がありました。
「奈良の靴下屋のponte de pieですが~」

私、オーダーシートに住所を書き忘れて送信していたようです(正確には番地を書いてなかった。郵便番号入れたら住所の途中まで出てくるから、それで住所を書いた気になっていたのだと思います)。

「在庫があるので、番地以下を教えていただければ本日中に発送しますよ」
と言ってくださって、翌日にはうちに靴下が届きました。

わざわざお電話を下さってありがたいなあ、ってその時も思ったのですが。
翌朝、パソコンのメールボックスに、
<住所がわからないのでメールで連絡してください、本日16時までに連絡いただければ、今日の便で発送できます>という内容の、ponte de pieさんからのメールがあることに気が付きました。
そういえば昨日のお電話で「私メール送ったんですが、それはもうスルーしてくださいね」って言われたっけ。これのことか。

きっと担当者の方は、住所が不十分なオーダーメールを受け取って、メール連絡したものの、
「すぐには気づかないかもしれない。急ぎみたいだし、電話した方が親切だな」って考え直してわざわざお電話してくださったんだな~と、その様子が想像できました。
さらに嬉しいことに、届いた商品を見ると、プレゼントにしたいと書いておいた商品にはシンプルでセンスの良い包装がされていて、別添の紙袋まで入っていました。
オーダーメールからこちらの事情を考えてくれて、こうした方がいいかなって想像してくれて、思いやりを持って対応してくださったんだな~と、感激。

ネットショッピングで顔も見ないで気軽にポチポチ買い物するのが当たり前になっているけど、やっぱりネットの向こうにいるのは人なんだなあと、当たり前ですが思い出しました。

もう少ししたらほとんどの仕事がAIに取って代わられるとか言われていますが、こういう人の温かみとか、やっぱり人間は最後まで欲するんじゃないだろうか。
温かみと思いやりのある仕事を、私もしたいなと思いました。

ponte de pie!
スペイン語で『立って!』という意味だそうです。







More
[PR]
by vitablommor | 2017-09-25 10:15 | ひとりごと・日常 | Comments(0)

秋がくるよ

秋になってきたなあと思ったので、ブログスキンを変更してみました。
私はちょいちょいこうやって気分を変えていますが、ずっと安定のデザインで息長くブログを続けておられる方を見ると、そういうのもいいなあと、そのブレなさ加減(あるいはデザインとか気にしてないのかも。それはそれでその余計なことに気を取られなさ加減)がかっこいいなあ・・と憧れます。
あれもこれも、それぞれいいよねえ・・・と思ってしまうタチなんです。昔から。

で、そろそろ秋冬の帽子を作ろうっと思いまして、今どんなファッションが流行っているのかな~?ということをなんとなくウォッチしているのですが(東京行ったときに街行く女性を見たり、ファッション誌を眺めたり)、どうもここ2年くらい、大きな流行の変化はないような感じがします。
ガウチョだったり、ベレーだったり。

色柄だと秋になると毎年のように少しトラッドな雰囲気のものが流行りますよね。私も大好きです。
でも年齢を重ねるごとに、若いころと違ってトラッドな雰囲気がハマりすぎて固くなりすぎる、という課題に直面しています。「先生感」がでちゃう・・・

あと、今気になるのは朝ドラ『ひよっこ』に出てくる女の子たちの服装。
特に『ツイッギーそっくりコンテスト』に優勝した時子の服はさすがにおしゃれですねー。
あの時代の服を「昔、お母さんが着てたブラウスの色柄だわ~」と思っちゃう世代なので、多分普通に服だけ見たら「うわっ、懐かし~」だけになったかもしれないのですが、若い子が着てるとまた新鮮に感じます。
若さってすごいな。

そんなこんなでトラッド感とか、レトロ感とか、気になっています。
あとはこれをどう「普通に古臭い」じゃなくするかという課題です。

重すぎる腰をそろそろ上げよう。
帽子作ってる人って忘れられちゃう。

次回は帽子記事を投稿します。


[PR]
by vitablommor | 2017-09-14 09:36 | ひとりごと・日常 | Comments(0)

これ、よかった

特にこれといった理由もないのですが、できるだけまめに更新して行こうかな、と思いまして。
今日もただの小ネタですが、よろしければおつきあいください。

楽天スーパーセールで買ったもののひとつが、予想以上にすごくよかったのでご紹介。こちら↓

a0213793_08563354.jpg
フィスカースのはさみ。ムーミンコラボ♪
私が買ったムーミンパパの柄の他、ムーミンママとスニフの柄があって、迷っているうちに他の二つは売り切れになったのでこちらにしてみました。『ムーミンパパの冒険』の絵柄ですね~。色合いも好き。
でも、もっとすごいのは切れ味です。

スパッ!と切れる。

いや、はさみはみんなそうでしょうよと思われるかもしれませんが。

ジョキジョキじゃないんですよ。

スパッ!!

シュパッ!! と言ってもいい。

もうホント気持ちいいんです。切れ味が・・・!


これ、布切れないかな~?
文具として売られているはさみと裁ちばさみって、なにか構造上の違いがあるんでしょうか???
裁ちばさみで紙を切ったらダメっていうのはよく聞くけど、逆はどうなのかな~?

子ども用サイズにはミィ柄があるので、それも買ってしまおうか迷い中。

フィスカースのはさみ、ヒットでした。おすすめです。ちっと高いけどね^^;






[PR]
by vitablommor | 2017-09-08 09:34 | ひとりごと・日常 | Comments(0)

コサージュや布雑貨の製作、販売をしています。 


by vitablommor
プロフィールを見る