2017年 12月 07日 ( 1 )

中毒性ミュージック

この間友人を車に乗せた時に米津玄師の曲を流していたら、「おお~、若者(みたい)だ」という感想をいただきました(笑)。

今年の夏から秋にかけて、DAOKO×米津玄師の『打上花火』(パッと光って咲い(っ)た~♪ってやつです)がロングランヒットしたことで一躍有名になった感がありますが、若者の間ではボーカロイド曲を作る「ハチ」という名義で既に超有名人だったそうです(コドモから聞いた話)。
気になるからちょっとアルバムレンタルして聴いてみよう、と思っていたら、既にうちのPCに入っていました(コドモによって)。

新しく出たアルバムもレンタルしてきて早速ipodに入れました。

BOOTLEG(映像盤 初回限定)(DVD付き)

米津 玄師/SMR


ボカロっぽいというか、アニメ音楽やゲーム音楽っぽい?スピード感があってちょっと癖のあるメロディラインが特徴的。でも、素直に綺麗なメロディのバラードもあり、よく聞くとどこかわらべ歌や祭囃子を思わせるようなアレンジもあって、いつの間にかなんだかくせになる、脳が変な痺れ方するような、中毒性のある音楽(個人的感想)。
かな~り気に入ってしまいました。

で、最近知ったのですが、「米津玄師」は「よねづげんし」ではなくて「よねづけんし」って読むそうです。





More
[PR]
by vitablommor | 2017-12-07 13:57 | 本・CD・DVD | Comments(2)

コサージュや布雑貨の製作、販売をしています。 


by vitablommor
プロフィールを見る